OCEANS

SHARE

2022.06.08

世界最高額の芸術家、ジェフ・クーンズによる「BMW THE 8」。アナタはいくらなら買う?


▶︎この記事の画像ギャラリーを見る

毎日乗れるラグジュアリーなクーペでありながら、稀少なアートピースでもある。

アメコミの世界から飛び出してきたようなグラフィックで覆われたこちらの車は、BMWの「THE 8 X JEFF KOONS」だ。

これまでもBMWは、アンディ・ウォーホルやロイ・リキテンスタイン、デイヴィッド・ホックニーなどさまざまなアーティストに、実に19回もキャンバスとして車を提供してきたが、量産車として99台が作られたのは、これが初めて。

「THE 8 X JEFF KOONS」

「THE 8 X JEFF KOONS」


20台目に筆を振るったのは、ジェフ・クーンズ。

バルーンアートをモチーフに制作された彼の彫刻「ラビット」は、2019年に9107万5000ドル(約100億円)で落札され、「存命アーティストの最高額」と言われた。

彼にとってBMWのアートカーは2010年のM3 GT2に続き、これが2台目だ。

両サイドの「POP!」と蒸気が吹き出すようなモチーフは、この車のパワーとスピードを象徴。シートに用いられたレッドとブルーは、アメコミのスーパーヒーローを想起させると同時に、BMWのハイパフォーマンスモデルを手掛けるBMW Mのカラーでもある。



99台が量産された、という通り、単なるワンオフでもなければイベント用ラッピングでもない。ちゃんとBMWの工場で、BMW車のボディカラーを使って塗装されている。

ジェフ・クーンズ自身何度も工場に足を運び、工場スタッフとセッションしながらこのアートカーを練り上げた。

エクステリアの塗装だけでも、色見本をルーペで何度も確認しながら200時間以上かけて手作業で行われ、生産することができる台数は1週間で4台だけだという。


2/2

RANKING