OCEANS

SHARE

2022.05.16

からだ

痩せている人ほど危険!? 医師が語る“糖尿病のサイン”と正しい見わけ方



「知らないと怖いカラダのサイン」とは……

糖尿病は太っている人や中高年の病気だと思っていないだろうか。だが痩せている人にも、若い人にも糖尿病のリスクはあるのだ。

「糖尿病は痩せている人ほど厄介な病気。正しい知識を持っておくことが大事です」と警鐘を鳴らすのは、医師の水野雅登先生だ。

話を聞いたのはこの人!水野雅登●内科医。日本糖質制限医療推進協会提携医。著書に『薬に頼らず血糖値を下げる方法』(アチーブメント出版)、『糖質オフ大全科』(主婦の友社)など。

水野雅登●内科医。日本糖質制限医療推進協会提携医。著書に『薬に頼らず血糖値を下げる方法』(アチーブメント出版)、『糖質オフ大全科』(主婦の友社)など。


自覚症状がほとんどない糖尿病



――まずは改めて、糖尿病ってどんな病気なのでしょう?


インスリンが十分に働かないため、慢性的に高血糖になる病気です。予備軍も含めると日本人の6人に1人は糖尿病で、30代からなる人もいますし、40代からグッと増えてくる病気です。

――6人に1人とは、思ったよりも多いですね。

怖いのは合併症で、「網膜症」「腎症」「(糖尿病性)神経症 」の大きく3つがあります。

網膜症になると失明します。腎症は腎臓の機能が弱くなり、人工透析を受けることになる。

神経症は手足が痺れたりします。その結果、足先が膿んで腐って初めて受診される方もいらっしゃいます。 普通の人ならすぐに治る傷も、糖尿病患者は血流や免疫が落ちているので悪化しやすいんです。

――腐るんですか!? それはいくらなんでも気付きますよね……。

いえいえ、神経がやられていて痛みを感じないので、なかなか本人は気付かないことも多い。おかしいぞ?と思って、病院に行くとすでに末期のことが多々あります。

――そこまで重症にならないとわからないものでしょうか?

太っている人が、食べている量も増えていないのにさらに太り始めた場合は、糖尿病が進行していることが考えられますが、実は糖尿病は自覚症状がほとんどないんですね。

強いていうならば、口渇、多飲、多尿と言って、口が乾いて、いっぱい水分を飲んで、トイレによく行くという症状ですが、気付かない人がほとんどです。


2/2

RANKING