OCEANS

SHARE

2022.03.15

ファッション

デニムスタイルを大人っぽくするコツはベージュとのコンビにあり。証明となる5つのコーデ



ブルーデニムの汎用性を検証すべく、定番色それぞれとの組み合わせスタイルを提案。

今回は大人の余裕が漂う色“ベージュ”とのコンビネーションをご覧あれ!

第1弾のブルー第2弾のブラックも併せてチェック。

ブルーデニムと“ベージュ”のいい関係

 

[大人]デニム3万9600円/ロエフ(ユナイテッドアローズ 原宿本店 03-3479-8180)、シャツ3万6080円/ノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)、Tシャツ1万3200円/エイチ ビューティ&ユース 03-6438-5230、靴2万5300円/クラークス オリジナルズ(クラークスジャパン www.clarks.co.jp) [子供]手に持ったデニムジャケット3万5200円/リーバイス ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)、パーカ2万5300円/ノア(ノア クラブハウス 03-5413-5030)、Tシャツ1万2100円/スタンダード カリフォルニア 03-3770-5733、パンツ1万8700円/ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ 03-6447-0471、スニーカー1万6500円/シーディージー(コム デ ギャルソン 03-3486-7611)、キャップ4180円/ニューエラ www.neweracap.jp


フロントが2タックで縦ポケット仕様という、クラシックな顔つきのデニムパンツ。そこに優しげな印象をもたらしてくれるのが、柔らかい色みのベージュのシャツだ。

羽織りでラフに着こなしつつ、インナーにツヤ感のあるTシャツを合わせて大人らしさも担保する。足元はスエードのワラビーシューズがベストチョイス。


 

デニム1万7600円/ザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン 0120-307-560)、ジャケット7万7000円/ワコマリア(パラダイストウキョウ 03-5708-5277)、ニット1万8700円/ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-02-1818)、Tシャツ4990円/バナナ・リパブリック 0120-77-1978、スニーカー2万9700円/ニューバランス(ニューバランスジャパン 0120-85-7120)


 

デニム3万1900円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)、パーカ1万3200円/N.ハリウッド テストプロダクト エクスチェンジサービス(ミスターハリウッド 03-5414-5071)、Tシャツ1万8000円/ストックホルム サーフボード クラブ(エドストローム オフィス 03-6427-5901)、靴6万280円/ノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)、ニットキャップは私物


 

デニムジャケット4万2900円、パンツ2万7000円/ともにポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン 0120-3274-20)、Tシャツ7150円/チャンピオン(チャンピオン ブランドハウス シブヤ トウキョウ 03-5962-7600)、靴1万9800円/ティンバーランド(VFジャパン 0120-953-844)、ヴィンテージの腕時計48万1800円/江口洋品店・江口時計店 0422-27-2900


 

デニム2万8600円/RHC(RHC ロンハーマン 0120-008-752)、ニット8万6900円/ビズビム 03-5468-5424、Tシャツ1万3200円/ルミノア×ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店 03-6212-1500)、ブーツ4万1690円/レッドウィング(レッドウィング・ジャパン 03-5791-3280)、メガネ3万4100円/モスコット(モスコット トウキョウ 03-6434-1070)



水野美隆(zecca)=写真 菊池陽之介=スタイリング 竹井 温(&'s management)=ヘアメイク 加瀬友重=文

SHARE