OCEANS

SHARE

2022.08.30

時計

フルメタルのGショック「GM-B2100」。大人気の裏側に、必然と言えるルーツとこだわりがあった


 ▶︎すべての画像を見る

先日紹介した、フルメタルのGショック「GM-B2100」のファッション性と究極性。

今回はそのファッション性と究極性を実現した、Gショックの歴史とルーツ、そしてフルメタルでも耐衝撃構造を備えるための見えない“裏側”について徹底解剖しよう。

DW-5000からフルメタルへの必然的流れ

「GM-B2100D-1AJF」SSケース、49.8☓44.4mm、クオーツ。7万1500円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)

「GM-B2100D-1AJF」SSケース、49.8☓44.4mm、クオーツ。7万1500円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)


2019年、Gショックの新たなスタンダートとなるべく打ち出した「スリム&コンパクト」という明確なコンセプトのもと誕生した、デジタル・アナログコンビネーションモデル「GA-2100」。

「GA-2100-1AJF」樹脂ケース、48.5☓45.4mm、クオーツ。1万4850円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)

「GA-2100-1AJF」樹脂ケース、48.5☓45.4mm、クオーツ。1万4850円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)


このGA-2100のルーツは、1983年に誕生した記念すべきGショック初号機「DW-5000」、続いて1989年に登場した初のアナログモデル「AW-500」にあり、無駄を省いたソリッドなデザインを継承している。

その証であるオクタゴンベゼルは、今ではアイコニックな存在として知られるようになった。

Gショック初号機「DW-5000」。※現在は生産終了

Gショック初号機「DW-5000」。※現在は生産終了



アナログモデル「AW-500」。※現在は生産終了

アナログモデル「AW-500」。※現在は生産終了


ケースサイズの小径化・薄型化の追求によって、GA-2100の基本設計は、カーボンファイバー強化樹脂ケースでモジュールを保護するカーボンコアガード構造、搭載部品の小径化と基板構成の最適化、高密度実装技術による薄型モジュールの採用という結論へ辿り着いた。

これにより、当時のデジタル・アナログコンビネーションモデルでは最薄となる11.8mmのケース厚を実現した。

発表と同時に完売店が続出するヒットを飛ばしたGA-2100は、名実ともにGショックの新定番となった。これを踏まえると、今回のフルメタル化は必然的な流れだったのかもしれない。

待望のフルメタルモデルGM-B2100は、シルバー、ブラックIP、ローズゴールドIPの3カラーで展開されている。

「GM-B2100D-1AJF」SSケース、49.8☓44.4mm、クオーツ。7万1500円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)

「GM-B2100D-1AJF」SSケース、49.8☓44.4mm、クオーツ。7万1500円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)



「GM-B2100BD-1AJF」SSケース、49.8☓44.4mm、クオーツ。8万300円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)

「GM-B2100BD-1AJF」SSケース、49.8☓44.4mm、クオーツ。8万300円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)



「GM-B2100GD-5AJF」SSケース、49.8☓44.4mm、クオーツ。8万300円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)

「GM-B2100GD-5AJF」SSケース、49.8☓44.4mm、クオーツ。8万300円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)


タウンユース向けの外装に合わせて、正確な時を刻むBluetooth®搭載タフソーラー、スマートフォンアプリ(CASIO WATCHES)、暗所での視認性を確保するスーパーイルミネーターなどの機能を完備する。


2/2

RANKING