OCEANS

SHARE

2022.06.15

21世紀の「デロリアン」! 時速88マイルに4.35秒で到達するそのスペック

デロリアン・モーター・カンパニー「アルファ5」

デロリアン・モーター・カンパニー「アルファ5」

▶︎この記事の画像ギャラリーを見る

1985年、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で日本中が憧れた車「デロリアン」がついに、2022年の現実世界に現れた!

リアルな現代版デロリアンはどうやらタイムマシンではないようだが、それでもマーティが体験したあの興奮を、現実に享受できそうな一台。

マーティが乗ったデロリアンは、正式には「デロリアン DMC-12」という。デロリアン・モーター・カンパニーが作ったガルウイングを備えたスポーツカーだ。

デザインは巨匠・ジウジアーロ率いるイタルデザインが担当した。



実はデロリアン・モーター・カンパニーは一度倒産していて、倒産前に同社が手掛けた車はDMC-12、だった一台のみ。

その後1995年に別の経営者によって新たに設立され、DMC-12の整備やレストアなどを行っていた。

その新デロリアン・モーター・カンパニーが突如、電気自動車のデロリアンを作ると発表。それが現代版のデロリアンこと「アルファ5」だ。

当時の2.8LV6エンジンの代わりに、モーターとバッテリーを搭載するBEV(電気自動車)で、航続可能距離は300マイル(約483km)以上だという。

当時の2.8L V6エンジンの代わりに、モーターとバッテリーを搭載するBEV(電気自動車)で、航続可能距離は300マイル(約483km)以上だという。



2/2