OCEANS

SHARE

2022.05.22

あそぶ

波乗りデビューの前にちょっと知っとこ。サーフィンマナー&用語集でレッツスタディ!



▶︎すべての画像を見る

「今はダンパーになっちゃったけど、朝イチ良かったよ。緩いオフショアで面ツル。完璧なAフレーム。あのピーク地形決まってるね」。

「?」な単語を連発するサーファーの会話。そして、初対面の人と海を共有するという意味で、マナーも存在する。

ならばと覚えておきたいマナー&用語をまとめてみた。まずは前半のあ行〜た行をどうぞ。

サーフィンマナー&用語集【あ行〜た行】

[あ行]

アウトサイド (あうとさいど)
海の沖側。対義語はインサイド。

朝イチ (あさいち)
朝一番にするサーフィン。夜明けの海の美しさは格別なうえに、一日の中で最も波のコンディションが整う可能性が高い。

インサイド (いんさいど)
海の岸側。対義語はアウトサイド。

ウエットスーツ (うえっとすーつ)
水温や季節に合わせて着用する伸縮性のあるスーツ。袖や裾の長さ、厚みの違いなどの組み合わせによりさまざまな種類があるが、すべてを揃える必要はない。

最初の一着として選びたいのは長袖長ズボンタイプの薄手のフルスーツ。汎用性が高く、夏場でも朝のひんやりしたときには重宝する。

たいていの場合、ジッパーは背中側にくるので逆に着ないようにしよう。胸元にジッパーがあるタイプは背中の引きつれがなく、パドリングの際に腕を回しやすい。

なお、カラダの採寸をしてカスタムオーダーでウエットスーツを作る文化があるのは世界広しど日本だけ。カラダへのフィット感や気密性が重要になる真冬用のウエットスーツはぜひカスタムオーダーで作りたいところ。

 

8万9100円〜/アックスクラシック(シ・ワールド 0463-23-6720)


うねり (うねり)
風によって発生したさざ波が海を渡りながら増幅していった"波のもと"。

Aフレーム (えーふれーむ)
うねりがピンポイントで立ち上がり、波が両方向に向かって均等に割れること。三角形のような形になる波を表してこう呼ばれる。

オフショア (おふしょあ)
岸から海に向かって風が吹く状態。海面が整えられ、波がきれいなシェイプになるのでサーファーが好む。対義語はオンショア。

オンショア (おんしょあ)
海から岸に向かって風が吹く状態。海面が荒れるのでサーフィンはしづらい。でも波数は増えるうえにサーファーが比較的少ないため、初心者の練習にはいいという側面もある。対義語はオフショア。

[か行]

キッズファースト (きっずふぁーすと)
子供のサーファーがいた場合は波を取り合わないように。当然のことだと思うかもしれないが、海でアツくなるとつい大人げなくなりがち。そんなときは、無邪気に遊ぶ姿を温かく見守るのが大人のサーファーの嗜みだ。

時折、見さかいなく乗りまくる上手なキッズがいることもあるが張り合っても勝ち目はない。波はいろんなところで割れている。素直にその場を離れて別の波を探そう。

切れた波 (きれたなみ)
サーフィンに適した、徐々に崩れていく波。対義語はダンパー。

クローズアウト (くろーずあうと)
波が大きすぎたり風が強すぎることにより、サーフィンが不可能な海のコンディション。始めたばかりなら、この言葉が聞こえたら海に入らないこと。

グータッチ (ぐーたっち)
会った瞬間や別れ際に交わす親しみを込めた挨拶。すごいことをした相手を讃えるときに行うこともある。互いの手をパンと合わせてから軽く拳を合わせるのが基本形で、拳を合わせるだけの場合もあり。

最初は戸惑うかもしれないが、仲間意識が高まるので、臆さずやりたい。

グーフィースタンス (ぐーふぃーすたんす)
右足が前、左足が後ろの立ち方。対義語はレギュラースタンス。

グーフィーの波 (ぐーふぃーのなみ)
沖から岸を見て左方向に割れる波。レフトの波とも言う。

グライド (ぐらいど)
波の力を受けた滑走。気持ちいい瞬間だ。

グラッシー (ぐらっしー)
無風や微風が条件となる、サーフィンをするのにベストな海面が鏡面のようにツルツルな状態。比較的、早朝になりやすい。面ツルとも言う。

ゲッティングアウト (げってぃんぐあうと)
海に入り、波が割れる沖合まで出ていくこと。


2/2

RANKING