OCEANS

SHARE

エレガンスな走りはEVになっても変わらず「アウディ eトロン GT」


[ボディサイズ]全長4990×全幅1965×全高1395mm
[航続距離]534km(WLTCモード)
[バッテリー容量]93.4kWh
[乗車定員]5名
[価格]1799万円

まだまだ選択肢の少ない貴重なラグジュアリーEV。いわゆる4ドアクーペで、グランツーリスモらしいロー&ワイドなフォルムは、同社のチーフデザイナーも「今まででいちばん美しいデザイン」と自賛するほど。



空気抵抗を示すCD値も0.24ときわめて小さく、空力的にも優れている。リニアな加速感覚は、エンジン車で体感できるアウディらしいエレガンスそのままだ。

車両接近を知らせる警告音が合成エキゾーストノートというのも心がくすぐられる。


Sクラスを名乗るに相応しい真打ちがいざ登場「メルセデス・ベンツ EQS」


[ボディサイズ]全長4990×全幅1965×全高1395mm
[航続距離]780km(WLTCモード。推定)
[バッテリー容量]107.8kWh
[乗車定員]5名
[価格]10万6374ユーロ〜(ドイツ国内価格)
※数値は欧州車仕様

最高級セダンであるSクラス相当のEV。先行して発売しているEQCやEQAとは異なり、EV専用のプラットフォームにて設計。つまり「メルセデスのEV」として効率化が図られている。



大容量バッテリーがかなえる航続距離は群を抜いていて、東京から大阪までノー充電でも余裕で走り切れるほど。

車内時間を上質なものにするシンプルなインテリアも白眉で、手放し運転が許されるレベル3の自動運転機能を備える(日本国内はレベル2まで)。

礒村真介(100miler)=文

SHARE

オーシャンズ メルマガ