OCEANS

SHARE

2021.01.15

ファッション

元祖は6000万円超えで落札され、最新はプレミアが付く「エア ジョーダン」近代史

「What’s AIR JORDAN」とは……
輝かしいデビューから、頂点を極めた90年代後半。そして不遇の時代を経て突入するのは「エア ジョーダン」の近代史だ。
パフォーマンスシューズとしての極みへ到達しながら、初代がオークションで61万5000ドル(約6600万円)で落札されるまで。圧倒的なポジションを確立する5年を振り返る。
エア ジョーダン 1〜2「名作が持つ光と影」
エア ジョーダン 3〜6「大きく変わった運命」
エア ジョーダン 7〜13「進化の足跡」
エア ジョーダン 28〜30「試行錯誤の末
 

エア ジョーダン 31(2016年)

クラシックとイノベーションの邂逅

偉大なる「エア ジョーダン 1」へのリスペクトから生まれた「エア ジョーダン 31」。
デザイナーを務めたのはテート・カービス。シリーズ史上初となる「スウッシュ」と「ジャンプマン」を一足に収めたデザインは話題をさらった。
前衛的でありながら、どことなく「エア ジョーダン 1」の面影が残る。
前作までと明らかに異なるデザインに仕上がったポイントは、「フライニット」とシンセティックレザーの融合によるシャープなアッパーとフルレングスに変更した「ズーム エア」の採用にある。
2つの素材を調和させた独創的なアッパー。
カラーは人気の“ブレッド”や“ロイヤル”などが出揃い、最新のテクノロジーと往年のカラーリング&デザインの邂逅に多くのファンが熱狂した。
ヒールにさりげなくウィングロゴの型押しが入る。
 

エア ジョーダン 32(2017年)

「エア ジョーダン 2」の再解釈による32代目

2017年に発表された「エア ジョーダン 32」。前作に引き続きデザインはテート・カービスが担当した。
初回のリリースでは、絶大な人気を誇る“ブレッド”の配色が登場。
彼はこのモデルの開発にあたり、シリーズの黎明期であった、1986年に登場したイタリア製のプレミアムなシューズであった「エア ジョーダン 2」の再解釈を試みた。
「フライニット」とのコンビネーションで引き立つ型押しのシンセティックレザー。
アッパーを形成する「フライニット」は密度を強化する一方、あらゆる機能を向上させ、快適性に徹底してこだわった。
ソールも同様に、「ズーム エア」や「フライト」を導入しつつ、アウトソールもあらゆる方向にグリップを効かせるヘリンボーン状のトラクションパターンを採用することでグレードアップしている。
アコーディオン調のディテールが時を超えて復活。
「エア ジョーダン 2」のDNAを受け継いだプレミアム感を演出するヒールカウンターの仕様も見逃せない。


2/3

RANKING