コスパ良しな「コレ買っ時計」 Vol.5
2020.03.12
WATCH

時計界の散財王が語る。大人がハマる「カジュアルウォッチ」の世界

コスパ良しな「コレ買っ時計」とは?

腕時計とひと口に言っても、その世界はびっくりするほど奥深い。シンプルな3針や誰もが知るブランドの定番から、最先端のスマートウォッチ、宇宙船に使われるような素材で作られたもの、はたまたウン億の値段がつくような複雑時計まで。とにかく多種多様だ。

その複雑な時計を大きく2つに分類するなら、高級時計とカジュアルウォッチという分類になる。

本特集で光を当てるのは、カジュアルウォッチ。

高級時計はわかる。その名のとおり高い時計だ。じゃあ、カジュアルウォッチって? 見た目の話? 単純に安い時計?

まずはその辺りの疑問を、オーシャンズwebの「時器放談」で論客をお願いし、時計への類稀なる好奇心を持つ“時計界の散財王”ことエディターの安藤夏樹さんに聞いてみた。

[教えてくれたのはこの人]
エディター 安藤夏樹さん
1975年、愛知県生まれ。ラグジュアリー雑誌の編集を務めたのち、現在はフリーの編集、ライターとして活躍。時計だけでなく木彫り熊収集家など、幅広い見識と強い探究心を持つ。

 

そもそもカジュアルウォッチってなに?

「わかりません(笑)。いや、もちろん値段で分けることは可能だけど、正直難しいんですよ。例えば1本何百万円がスタンダードな歴史あるスイスブランドのエントリーモデルの中にも10万円くらいで買えるものはある。でもそれがシンプルな三針モデルだとしたら、必ずしもカジュアルウォッチとは言えないですよね」。

確かに。ということで、安藤さんと話すこと1時間弱。ようやくカジュアルウォッチの定義が固まってきたので発表したい。それでは安藤さん、どうぞ。

「ずばり、デザインや機能に“遊び心”を感じられる時計、かな。もともとのアイディアはすごく真面目でも、今見ると楽しくなるという言うか。それがカジュアルウォッチです。というより、今回はそう決めましょう(笑)! ジュエリーとコスチュームジュエリーの関係に近い。もちろん値段も重要ですから、今回は実勢価格で10万円くらいまでを想定します」。

歴史や価格にとらわれず、自由な発想を持ち合わせた時計。いい意味でフマジメな時計。なるほど面白そうだ。

でも、下手をするとそれは子供っぽいとも解釈されがちでは……?

NEXT PAGE /

カジュアルウォッチ、大人の楽しみ方は?

では、大人が楽しめるカジュアルウォッチの選び方を教えていただこう。

ひとつは、デザインの面白さですね。ユニークな見た目はもちろん、デザイナーの意図が見えるような世界観を持った時計。時計専業のデザイナーではなく、ファッションデザイナーや、プロダクト全般のデザインを手掛ける人物が作った時計とか。それらは背景も含めて、十分に大人を引きつける魅力を持っています」。

プロダクトデザイン界の巨匠、ジウジアーロがデザインした時計たち。販売から数十年経っても色褪せない独自の魅力を放つ。

さらにもうひとつ、チョイスのツボがあるという。

ギミックが面白い時計。トゥールビヨンなど高級時計の複雑機構も凄いけど、そうじゃなくて。時間を見る以外に、あんなことやこんなことまでできちゃうようなやつですね。この際、それが実用的かどうかは関係ない(笑)。腕に何かの機能をつけるのって、昔から無性に男の少年心をくすぐりませんか?」

時間を見る以外のさまざまな機能を腕元で可能にした腕時計たち。その詳細は後日!

腕につけた機械で誰かと話したり、自分の現在地がわかったり、目覚ましになってくれたり。スマートウォッチが幅をきかせる現在では当たり前の機能も、登場した当初は驚き、そしてワクワクした。

「これまでがそうだったように、今では夢のような機能も、未来では実現されるかもしれませんよね。そんな信念や夢を持たせてくれる。それがカジュアルウォッチの条件、とりわけ大人が選ぶべき条件だと思うんですよ。

そう考えてみると、クォーツショックが落ち着いた1970~’80年代に傑作が生まれています。当時の未来志向も、面白い時計作りにつながったのかもしれませんね」。

「現代のスマートウォッチなどと違い、当時はさまざまな“機能”がそのまま見た目の“デザイン”として昇華されて現れていた面白さがあった」という安藤さん。

それらは、アンティークショップやフリーマーケット、オークションで見つけられるようだ。なかでも安藤さんのオススメが、東京・原宿に店を構える「ウォッチショップ エル」。高級時計もカジュアルウォッチも、時代を超える古き佳き時計を豊富に取り揃える名店だ。

では、現行のモデルでの狙い目は?

NEXT PAGE /

日本はカジュアルウォッチ先進国

「ダイバーズウォッチに代表されるスポーティなモデルは、デザインも価格もこなれた時計が今でも多くリリースされています。この分野では特に、国内3社(セイコー、シチズン、カシオ)が強い。Gショックをはじめ、世界的に見ても先頭を走っています」。

“ツナ缶”のデザインを継承する、セイコー プロスペックスの「SBBN035」12万円/セイコー プロスペックス(セイコーウオッチ 0120-061-012)

なるほど。ツナ缶と呼ばれる外胴プロテクターが付いたセイコーのダイバーズウォッチなどをみても、実にユニークなビジュアルながら機能性は十分。日本的なマジメなモノづくりを根底に、見た目も機能も充実したカジュアルウォッチを生み出しているようだ。

と言いながら、急にInstagramを開いた安藤さん。

「僕の持っているカジュアルウォッチは後ほどお見せしますが、僕以上にこの分野に強い人はいるんです。インスタを覗いてみても、面白いカジュアルウォッチを集めている大人が結構いる。例えば@kokopeli0204jp さん。彼とは個人的にも知り合いなんですが、’80年代のチープデジタル系、ギミックウォッチ系に特に強い。あとは@utdesign さん。この方は本業がプロダクトデザイナーなのでその方面にも精通している。また、おもちゃ時計のジャンルにも詳しいです。彼らのインスタを眺めているだけでも、きっと楽しいと思いますよ」。

なるほど、ひと口にカジュアルウォッチと言っても、その奥はかなり深そうだ。次回はデザインを楽しむカジュアルウォッチを、安藤さんのコレクションを例に紹介したい。乞うご期待!

コスパ良しな「コレ買っ時計」とは?
複雑機構ならいいワケじゃない。有名ブランドならいいワケでもない。カジュアルに付き合えて大きなリターンがあるのが理想。見た目もコスパもいい「コレ買っ時計」を、さまざまな切り口で選抜。
上に戻る

増山直樹=文

# カジュアルウォッチ# 安藤夏樹# 腕時計
更に読み込む