時器放談 Vol.12
2019.12.27
WATCH

ルイ・ヴィトン「エスカル」は常識破り。すべては時を楽しむために

時器放談●マスターピースとされる名作時計の数々。そこから6本を厳選し、そのスゴさを腕時計界の2人の論客、広田雅将と安藤夏樹が言いたい放題、言葉で分解する。「ラグジュアリーブランド編」となる今回の2本目は、ルイ・ヴィトンの「エスカル」。

安藤 今回はルイ・ヴィトンの腕時計について語り合いたいと思います。と、その前に、広田さんのその財布、ルイ・ヴィトンじゃないですか。確か前にカバンもお使いでしたよね?

広田 はい。「イカール」という一泊旅行に使えるサイズのを愛用しています。

安藤 立派なルイ・ヴィトンラバーですね。

広田 シガレットケースもすっごくいいんですよ。なぜだかすぐになくしちゃうんですけど。

安藤夏樹(写真左)●1975年、愛知県生まれ。ラグジュアリーマガジンの編集長を経て、現在はフリーに。「SIHH」や「バーゼルワールド」を毎年取材し、常に自分の買うべき時計を探す。口癖は「散財王に俺はなる!」。

安藤 酔って女性にプレゼントしちゃうんじゃなくって?(笑)

広田 いや、ほんとになくしたんです(汗)

安藤 その話は夜に酒でも呑みながらうかがうとして……ルイ・ヴィトンの時計にはどんな印象をお持ちですか?

広田 現在の時計に対しての評価は高いです。正直な話、「タンブール」が最初に出たころは、ケースの磨きも甘かったし、針も色がミュッとはみ出たりしていたんですけど、さすがにクラフツマンシップのある会社だけあって、すぐに改善されたんですよね。ハリー・ウィンストンで時計部門のトップだったハムディ・シャティが来たあたりから、ケースとか文字盤の出来がめちゃくちゃ良くなった。

広田雅将 ●1974年、大阪府生まれ。腕時計専門誌「クロノス」編集長。腕時計ブランドや専門店で講演会なども行う業界のご意見番である。その知識の豊富さから、付いたあだ名は「ハカセ」。

安藤 ルイ・ヴィトンというと、デザイン先行の時計と思う人も多いですけど、実際のところは機械もハイレベルですよね。ちょうど10年前の2009年に発表された「スピン・タイム」なんかは、高い技術があってこそ誕生した時計。インデックス部分が12個のキューブになっていて、それがひとつずつ回転することで「時」を表すという複雑機構で話題になりました。当時は「時計専業ブランドじゃなくてもこんな時計が作れるんだ!」とびっくりしましたが、今はもう定番のひとつですよね。

12個の回転するキューブを用いて「時」を表示する「タンブール オトマティック スピン・タイム エアー グレー」。/ルイ・ヴィトン
12個の回転するキューブを用いて「時」を表示する「タンブール オトマティック スピン・タイム エアー グレー」。K18WGケース、42.5mm径、自動巻き。603万6364円[参考価格]/ルイ・ヴィトン 0120-00-1854

 

広田 確かにそうですね。

NEXT PAGE /

ルイ・ヴィトンの色に対する強烈なこだわり

安藤 ルイ・ヴィトンは複雑機構を「時を楽しむための装置」として使っている感じがある。これってラグジュアリーブランドの時計には割とよく見られる特徴だと思います。

広田 表示の面白さに加え、ルイ・ヴィトンの時計の特徴というと、やっぱり色でしょう!

安藤 確かにキレイです。2016年に「エスカル ワールドタイム」が出たときは、僕もどうやったら買えるか、真面目に試算しました。手持ちの時計を売ったらいくらになるかとか……(笑)。そうこうしているうちに瞬殺で売り切れちゃったけど。このモデルの文字盤はハンドペインティングだったんですよね。

「エスカル ワールドタイム」が掲載された雑誌を眺めながら語り合う。

広田 そう。使われている塗料は38色という。

安藤 塗料を塗り重ねてるから、微妙に色が盛り上がってるんですよね。立体感があっていいんだよなぁ……今でも欲しい!

広田 「エスカル ワールドタイム」をひっくり返してみると、裏に「ラ・ファブリク・デュ・タン・ルイ・ヴィトン」と書いてあるんですが、もともとこれ、腕利きの時計師たちが作った「ファブリク・デュ・タン」っていう会社を、ルイ・ヴィトンが傘下に収めたものなんですよね。ミッシェル・ナバスとエンリコ・バルバシーニっていう2人のおっちゃんが興したこの工房を吸収したことが、ルイ・ヴィトンの時計を大きく変えました。

安藤 スピン・タイムの設計もここですよね。

広田 ですね。ルイ・ヴィトンが「ミニッツリピーター」のような超複雑時計を自社で作れるのもこの存在があるから。もともと超複雑時計の製造で定評があった工房なんです。そして、実は文字盤の作り込みもすっごくうまいんですよ。

安藤 エスカルの発色は確かに抜群にいい。

広田 基本的に時計の文字盤って、色を塗ったら最後に表面保護のために透明塗料でコーティングするんです。だけど、ファンデーションを塗るのと同じで、どうしても下地の発色は微妙にくすんでしまうんですよね。エスカルでいうと、せっかくの細密画の美しさが弱まってしまう。そこで、ファブリク・デュ・タンはその表面に吹き付けるクリア塗料を省いちゃったんです。

安藤 でも、それだと紫外線で劣化しませんか?

広田 ふふふ、それが従来からの時計業界の発想(笑)。彼らは「現代の高品質な塗料なら大丈夫」ってすんなりやめちゃった。で、すっぴんで、いろんな色を使って、超カラフルな表現ができるようになったんです。

NEXT PAGE /

常識に捕われないフリーダムマインド

安藤 エスカルの今の主流は色数を減らしたプリントの文字盤ですけど、それでもあれほどまでに発色が豊かで魅力的なのは、その大英断があってこそというわけですね。

広田 ファブリク・デュ・タンって本当にすごい工房で、ジェラルド・ジェンタとかパテック フィリップで複雑時計を組んで仕事をしていたような人たちが興した工房だけれども、これほどの定石破りができているのは、ひとえにルイ・ヴィトンという自由な土壌からあるからだと思います。

ラグジュアリーブランドのスゴい時計【2】
「エスカル オトマティック タイムゾーン スペースクラフト」

宇宙からインスピレーションを得て誕生した「エスカル オトマティック タイムゾーン スペースクラフト」。/ルイ・ヴィトン
宇宙からインスピレーションを得て誕生した「エスカル オトマティック タイムゾーン スペースクラフト」。SS(ブラックPVD加工)ケース、39mm径、自動巻き。114万5000円/ルイ・ヴィトン 0120-00-1854

 安藤 トップレベルの時計職人が、専業メーカーではできなかったことを自由にやれるから、これまでにないまったく新しい時計が生まれているわけですか。ここにある新作の「エスカル オトマティック タイムゾーン スペースクラフト」も絶妙な色味でカッコいいなぁ。プリントだし、色数も少ないけど、図柄が細かいから普通のブランドはやりたがらないですよね。版ズレの可能性もあるし。

広田 やらないでしょうね。白とかシルバーという色を綺麗に落とし込むのは本当に難しいんですよ。特に白は透けやすいから、ある程度厚く塗らないといけないんですが、あまり厚くしちゃうと白だけ立体的になって変なことになる。

安藤 プリントって言っても、インクジェットみたないものとは違って、専用の機械を使って版画のように色をひとつひとつのせて行くんですもんね。

広田 そう。これだけ色をしっかり出すには相当手間がかかります。

安藤 その分コストもかかっている、と。最近でこそ文字盤にお金をかけるブランドが増えてきましたが、ルイ・ヴィトンはかなり早い段階からそこに注力している。

広田 文字盤だけじゃなくって、レザーバンドもさすがな感じですよね。このメタリック調の色味はほかにないです。

安藤 たとえほかにあったとしても、使ううちに色がすぐに落ちちゃいそうです。そこは革小物が本業ですから抜かりないんでしょうね。

青を基調としたケースバックも宇宙を彷彿とさせる。

広田 そういえば「タンブール」は最近、バンドを自分で替えられるようになりましたね。

安藤 バンドを簡単に替えられるのは、いま時計ブランドの流行のひとつ。独自性の強い時計を作るだけじゃなく、しっかりとトレンドも押さえているあたりが、さすがルイ・ヴィトンだと思います。というわけで、ルイ・ヴィトンは時刻表示の面白さと色の楽しさ。この2点に注目してみてください。

 

[問い合わせ]
ルイ・ヴィトン
0120-00-1854

※本文中における素材の略称:SS=ステンレススチール、K18=18金、WG=ホワイトゴールド

関 竜太=写真 いなもあきこ=文

# ルイ・ヴィトン# エスカル オトマティック タイムゾーン スペースクラフト# 時計
更に読み込む