パンツを夏専用に変えて、気持ちよすぎるお洒落体験を! 大人の“サマパン”超活用術 Vol.45
2019.06.16
WATCH

異なる顔を持つ “表裏ある”腕時計が、男の多面的な魅力を引き出す

誰だって「アイツには表と裏がある」なんて言われたくないだろう。表と裏には、本音と建前を使い分けたり、状況や相手によってうまく立ち回るようなネガティブなイメージがある。

しかし両者は本来、対概念を意味し、表は裏を隠すのではなく、裏の予感となり、一方で裏は表を演出するものでもある。

ひとつに拘泥するのではなく、多面性を持つ男は魅力的だ。今回テーマとしたのは、そんな腕に似合う裏表という概念がない時計。身に着ければ名刺代わりとなるはずだ。

 

FRANCK MULLER
フランク ミュラー/ラウンド スプリットセコンド ダブルフェイス クロノグラフ

FRANCK MULLER フランク ミュラー/ラウンド スプリットセコンド ダブルフェイス クロノグラフ
世界限定50本。K18PGケース、39mm径、自動巻き。645万円/フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949、ジャケット10万9000円/ルイジ ビアンキ マントヴァ(トヨダトレーディング 03-5350-5567)

裏表で多機能を搭載したフランクの源流
ブランド設立前のフランク・ミュラーが1992年に手掛けた時計を忠実に再製作。時分を指すインダイヤルを6時位置に配すという当時でも奇抜だったレイアウトを受け継ぎ、ラップタイムを計測できるスプリットセコンドクロノグラフを備える。文字盤の中心にセットされた針と左右のカウンターでそれを示し、裏面にはタキメーター、テレメーター、パルスメーターの3種類の計測機能を搭載。

表のクロノグラフ針をスタートさせると、同軸上の裏の針も動くという仕組みだ。天才時計師と謳われるフランク・ミュラーの類いまれな発想力と技術力がここに凝縮されている。

 

SINN
ジン/206.ARKTIS.II

SINN ジン/206.ARKTIS.II
SSケース、43mm径、自動巻き。59万円/ホッタ 03-6226-4715

ローターに刻むのは独自技術に対する自信と誇り
正式なブランド名は“ジン特殊時計会社”であり、そのプロダクトには質実剛健と評されるドイツのモノ作りの美学が宿る。このクロノグラフは北極海の潜水時でも身に着けられる時計として開発され、特殊オイルの採用で-45℃から+80℃の気温、水温での動作を保証する。ケースバックから覗くローターに記された雪の結晶マークと-45℃の刻印が実力の証しだ。

 

MORITZ GROSSMANN
モリッツ・グロスマン/アトゥム・バックページ

MORITZ GROSSMANN モリッツ・グロスマン/アトゥム・バックページ
K18ローズゴールドケース、41mm径、手巻き。480万円/モリッツ・グロスマン ブティック 03-5615-8185

機械式の醍醐味を表に配置した意欲作
ドイツ時計の伝統を受け継ぐブランドの真価は、自社製ムーブメントに表れる。スケルトンダイヤルを採用した本作は、手巻きムーブメントのレイアウトを反転。輪列やテンプ、手彫り装飾を施したテンプ受けなどを文字盤側に配すことで、機械式のハイライトを腕から外すことなく味わえる。

NEXT PAGE /

VACHERON CONSTANTIN
ヴァシュロン・コンスタンタン/レ・キャビノティエ・グランド・コンプリケーション“フェニックス”

VACHERON CONSTANTIN ヴァシュロン・コンスタンタン/ レ・キャビノティエ・グランド・コンプリケーション“フェニックス”
世界限定1本。K18PGケース、47mm径、手巻き。価格は要問い合わせ/ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755

スイス時計の伝統と技術の継承を不死鳥に込めて
ジュネーブの時計作りは18世紀のキャビノティエによって培われた。本来は“屋根裏部屋”の意味だが、ここでは建物の最上階で時計師たちが独創的な技術を育んだアトリエを指す。ヴァシュロン・コンスタンタンのレ・キャビノティエ部門ではその伝統を受け継ぎ、今もワンオフや特注仕様のモデルを製作。

その最新作は、ミニッツリピーターやトゥールビヨン、パーペチュアルといった15の複雑機構を裏表に備える。「フェニックス」の名には、決して廃れることのない時計技術への情熱を込めるとともに、ケースには美しい不死鳥をエングレーブ。

 

JAEGER-LECOULTRE
ジャガー・ルクルト/レベルソ・トリビュート・デュオ

JAEGER-LECOULTRE ジャガー・ルクルト/レベルソ・トリビュート・デュオ
SSケース、縦47×横28.3mm、手巻き。115万円/ジャガー・ルクルト 0120-79-1833

洗練と機能に磨きをかけた元祖・裏表のない時計
時計の裏表を活用した名作として名高いのがこの「レベルソ」だ。苛酷なポロ競技中でもフェイスを守るよう、ケースを反転させたのをきっかけに、その革新的な機構はさらなる可能性を開いた。ケースバックに文字やパターンを刻み、七宝など工芸的装飾を施すことでアクセサリーの魅力を付加。

さらに多機能を備え、実用性にも磨きをかけた。代表作「デュオ」は、裏面で第2時間帯を指し、簡単に時刻合わせができるほか、24時間デイ&ナイト表示でホームタイムの昼夜も確認できる。ストラップはポロ競技用ブーツメーカー、カーサ・フェリアーノが手掛け、出自をオマージュする。

 

H.MOSER & CIE.
H.モーザー/エンデバー・コンセプト ミニッツリピーター  トゥールビヨン

H.MOSER & CIE. H.モーザー/エンデバー・コンセプト ミニッツリピーター トゥールビヨン
世界限定10本。K18WGケース、43mm径、手巻き。3900万円/イースト・ジャパン 03-6274-6120

精緻な動きと美しい音色を目と耳で楽しめる
H.モーザーの最新作は、伝統的な時計の技術や様式美をモダンなアレンジを加えて表現する。ロゴやインデックスさえも省き、今やブランドの象徴にまでなったダイヤルに、複雑精緻なフライングトゥールビヨンを静と動のコントラストのように融合。

さらに、音で時刻を知らせる機能ミニッツリピーターのチャイムを通常の裏から表面に搭載することで、耳でも目でも鳴りモノ時計を楽しむことができる。

 

※本文中における素材の略称:K18=18金、PG=ピンクゴールド、WG=ホワイトゴールド、SS=ステンレススチール

星 武志(エストレジャス)=写真 石川英治(Table Rock. Studio)=スタイリング 柴田 充=文

# ヴァシュロン・コンスタンタン# ジャガー・ルクルト# フランク ミュラー# 腕時計# 表裏一体
更に読み込む