ミウラメシ Vol.32
2019.06.08
FOOD&DRINK

鶏より豚が正解! カオマンガイのアレンジ料理「カオマン“トン”」が美味い

本誌看板モデルのマーシーこと三浦理志さんは、仕事のかたわら“サーフ&ノーフ”の生活を実践中。隙間を見つけては波乗りを楽しみ、数年前からは、通称「三浦農園」で収穫した野菜を使ってキッチンで腕を振るっている。そんな彼のリアルなライフスタイルから生まれたレシピを、ここに紹介しよう。

20代の頃、旅先で人生初のカオマンガイを食べて、そのウマさに驚愕。で、僕の好きな茹で豚でアレンジしたらもっとウマいかも……と編み出したのがカオマントン。一応説明しておくと、鶏(ガイ)じゃなくて豚だからカオマン“トン”です(笑)。

骨付き肉って、やっぱりテンション上がるぜ〜!

もう20年以上作り続けている大定番メニューで、これまでは肩ロースを使っていたんですが……今回はスペアリブでパワーアップした進化版レシピを考案してみました!

ジューシーな骨付き肉に豪快にかぶりつきながら食べるカオマントンはまた格別で、肉の茹で汁を使うご飯とソースもスペアリブならではの旨味でさらにコクが出て激ウマーシー。簡単に作れるので、気軽に試してみてください!

「ミウラメシ」を最初から読む

【今回のメニュー】
カオマン“トン”

カオマンガイをアレンジ&パワーアップさせた「カオマン“トン”」ってなに!?

【材料】※2人前
豚スペアリブ 約800g
米 2合
きゅうり 1本
長ねぎの白い部分 1本分
パクチー 1袋
赤唐辛子 1本(できれば生のもの) 

【A】
水 1L
長ねぎの青い部分 1本分
生姜 薄切り2枚
にんにく 1かけ
パクチーの根 2〜3株分
酒 大さじ2
塩 ひとつまみ

【B/ソース】
豚スペアリブの茹で汁 大さじ2
ナンプラー 大さじ1
醤油 大さじ1
レモン汁 大さじ1
にんにくのすりおろし 1/2かけ分
砂糖 小さじ1/2

【作り方】
◆1
鍋に水をたっぷり入れて火にかけ、沸騰したらスペアリブを入れる。再び沸騰したらアクを取り、いったんザルに上げる。

◆2
1で使った鍋を洗い、スペアリブとAをすべて入れて強火にかける(にんにくは包丁で軽く潰してから入れる)。

沸騰したら中火にしてアクを取り、蓋をして10分間茹でる。スペアリブを取り出し、茹で汁をザルで濾す。

NEXT PAGE /

◆3
炊飯器の内釜に米を入れ、スペアリブの茹で汁を2合の目盛りまで加える(白米を炊く際の水と同じ分量)。

スペアリブの茹で汁を使って炊くことで、旨味たっぷりのご飯に。

さらにスペアリブをのせて炊く。

茹でたスペアリブをさらにご飯と一緒に炊きます。コレがさらなるウマーシーの秘策!

◆4
きゅうりは拍子木切り、赤唐辛子は小口切りにする。パクチーは食べやすい大きさに切る。

長ねぎは白髪ねぎにする。

NEXT PAGE /

◆5
Bをすべて混ぜ合わせてソースを作る。

ソースにもスペアリブの茹で汁を入れてコクと旨味をアップ。

◆6
器に3のご飯、スペアリブ、4の野菜を盛り付ける(唐辛子は白髪ねぎの上に散らす)。ソースをかけて召し上がれ!

炊き上がったら、スペアリブを取り出してからご飯を軽く混ぜ合わせてくださいね〜。

[三浦理志 プロフィール]
オーシャンズモデル。愛称はマーシー。仕事のかたわら“サーフ&ノーフ”の生活を実践中。隙間を見つけては波乗りを楽しみ、数年前からは、通称「三浦農園」で収穫した野菜を使ってキッチンで腕を振るっている。

三浦理志=料理 渡辺修身=写真 中里真理子=スタイリング 嶋田裕子=文・編集

# カオマンガイ# スペアリブ# ミウラメシ
更に読み込む