37.5歳の人生スナップ Vol.8
2018.07.03
LIFE STYLE

定住はリスク、モノは最低限でいい。家族でノマド生活をした元公務員

連載「37.5歳の人生スナップ」
もうすぐ人生の折り返し地点、自分なりに踠いて生き抜いてきた。しかし、このままでいいのかと立ち止まりたくなることもある。この連載は、ユニークなライフスタイルを選んだ、男たちを描くルポルタージュ。鬱屈した思いを抱えているなら、彼らの生活・考えを覗いてみてほしい。生き方のヒントが見つかるはずだ。

「37.5歳の人生スナップ」を最初から読む


1日8時間働いて、家族とも9時間半過ごす

「遊牧民」を意味する「ノマド」は、オフィスにこだわらず、カフェやコワーキングスペースなど好きな場所で仕事をするワークスタイル。板羽宣人さん(44歳)は、そんなノマドワーカーの中でも、かなり特殊なタイプだ。

驚いたことに、自分ひとりだけではなく、妻と子供も一緒にノマドしていた。つまり「家族ノマド」だ。いったいどんな生活を送っていたのか?

「ハワイで家族ノマドをしていたときは、5時に起きて9時半ごろまで仕事。そのあと19時までは家族との時間で、22時半までまた仕事をし、23時に就寝という毎日でした。仕事をする時間と家族と過ごす時間にメリハリをつけ、遊ぶときは思いっきり遊んでいましたね」(板羽さん、以下同)。

労働時間は、多くの人と同じ1日8時間。それでいて家族と一緒の時間を1日9時間半も確保している。それもハワイで。まさに夢のような暮らしだ。

板羽さんはネットショップを運営している。パソコンとネット環境さえあればどこでも仕事ができるので、こうした暮らしが可能なのだろう。取材時もウラジオストクから帰国したばかりだった。

自由で気ままに生きている印象を受けるが、板羽さんは自身を「安定志向で慎重派」と分析する。20代のころは、まさか自分が現在のような生活を送るようになるとは夢にも思わなかったという。

なぜなら、以前の板羽さんは「堅実」の代名詞というべき公務員だったからだ。

NEXT PAGE /

公務員と起業、対極的な生き方に共通するもの

「大阪の吹田市の市役所に8年間勤めていました。『どうやったら幸せな家庭を築けるか?』と考えたとき、やはり安定した職業に就くのが一番なのでは、と当時は考えていたんです」。

しかし、安定はなんの代償もなしに手に入るものではない。板羽さんは市役所の仕事にやりがいを見出すことができず、早々に起業を視野に入れ始める。幸いなことに、2000年に結婚した妻も賛成してくれたという。

「妻は『ちゃんと準備をするならいいよ』と言ってくれました。私が無茶なことはしないのを知っているので、信頼してくれたんだと思う。そこで、ふたりで目標を決め、8年後に市役所を退職するまでずっと支えてくれました」。

とはいえ、辞めようと思っている職場で働き続けるのはつらいはず。そう聞くと、「その時間を準備期間にしようとポジティブに捉えました」と言う。

「資金を貯めたり、空き時間も本を読んだりして起業の勉強をし、目的意識を持って過ごすことができた。だから、逆に生活は充実していましたね。もちろん、仕事はしっかりやっていましたよ(笑)」。

独立したのは2006年。赤ちゃんの体重と同じ重さで作る、完全オーダーメイドのテディベア「ウエイトベア」をオンライン販売する事業などのネットサービスを始めた。意外なのは、板羽さんがもともとネットに詳しいわけではなかったことだ。

「学生時代は、起業やネット事業とは無縁で、自分で企画して先導するようなタイプでもなかった。当時の友人たちは、私がこんな働き方をしているのをいまだに信じられないと思います」。

たしかに、公務員と起業は生き方として対極で、傍目からは意外に感じる。しかし板羽さんによると、どちらにも「堅実さ」という共通項があるという。

「うちの事業はリスクがゼロなんです。体重ベアはお客さんから注文が入ったら工房にオーダーするので在庫ゼロ。在庫がないからコストがかからず、リスクがない。私はリスクにかなり敏感なんです。根が公務員なんで(笑)」。

NEXT PAGE /

家族ノマドは子供の将来のためにも役立つ

それは家族ノマドも同様だ。一見リスキーに思える生き方だが、実際にやってみると得るものしかなかったという。家族ノマドのきっかけは、ネットショップの運営が安定し始めた7年前。夏バテが理由だったというから面白い。

「せっかくどこでもできる仕事なのに、『なんでこんな暑いところで作業しているんだろう?』とふと思って。その翌年、『じゃあ家族みんなで涼しいところへ移動しよう!』と1カ月間、北海道のニセコで暮らしてみたんです」。

板羽さんが暮らしたというニセコのコテージ

ニセコから家族ノマドをスタートさせたのは、地元の観光協会が夏限定のリゾートオフィスの募集を行っていたからだ。コテージを借り、平日はクーラーいらずの環境で仕事をし、休日は牧場の搾乳体験やトレッキングなど、家族でアクティビティを思い切り楽しんだ。

家族ノマドの魅力を知った板羽さんはその後、ハワイ、ニュージーランド、フィンランド……と、夏や年末年始の時期を利用してさまざまな地でノマド生活を送るようになる。じつはここにも「子供の将来の選択肢を増やしたい」という堅実な考えがある。

日本の子供たちは今後、よりグローバルな生き方が求められるようになる。そのとき、どんな環境でも楽しめるような基盤を作っておいてあげたい、というのが板羽さんの願いだ。中学生になるお子さんは現在、学校も授業の半分が英語で行われるインターナショナルコースに通っている。

「最初は子供もノマド生活をただ楽しんでいただけでしたが、翌年からは何か目標を決めて過ごすように言いました。ハワイでは友達を作るというテーマを決めて、2、3日で現地の子と仲良くなった。フィンランドでは、当時流行っていたポケモンGOを使って1日ひとり、誰かと交流することをテーマにした。だから子供にとっては、楽しいだけではなかったかもしれないですね」。

NEXT PAGE /

定住はリスクが多い。3拠点生活ぐらいが理想

板羽さんは、家族ノマドをしたことで「自分にとって本当に必要なものがわかった」と話す。

「例えば、生活するために必要なモノは最低限でいいと気づきました。いろいろな国に行っているけど、じつは私、スーツケースも持ってないんですよ。旅先に持っていくのは少しの着替えと仕事道具ぐらい。モノなんてなくても、充実した毎日を過ごすことはできるんです。日本の自宅に帰ってくると、散らかっているわけではないのに、まるでゴミ屋敷のように感じます(笑)」。

ビジネスの悩みも家族ノマドが解決してくれた。独立した当初は、会社を大きくするべきか、スモールビジネスでやっていくべきか、悩んでいた時期があったという。起業仲間が事業を拡大するのを見て焦りを感じたこともある。

しかし、板羽さんは結局、スモールビジネスを選択するのだ。

「ニセコでは週末の夜に、1週間撮りためた家族写真をスライドショーで見る時間を作っていました。写真をみんなで見ているだけで、大笑いできて本当に幸せだった。この瞬間が自分にとって一番大切だと再確認できました。事業を拡大すると、その時間を保つのが難しくなります。だったら自分はスモールビジネスでやっていこうと。そう気づけたのも、家族ノマドのおかげです」。

もっとも、現在は子供が学校の部活や友だちとの予定で忙しくなり、「家族ノマドは一旦中止にしているんです」と言う。それでも、板羽さん自身のノマド生活はまだまだ終わらない。

「ひとつの場所に住み続けることには、何かあったときにすぐ逃げられないリスクがあります。日本を離れても、どこでもすぐに暮らせる態勢があれば安心じゃないですか。海外じゃなくても、夏は札幌、冬は沖縄、ほかの時期は福岡とか。私には2拠点、3拠点生活ぐらいがちょうどいい。その都度、快適な環境で働けたら楽しいですよね」。

ノマドワーカーとしてノーリスクで生きる。板羽さんは、どこまでもリスクヘッジを考える堅実な男性だった。

 

藤野ゆり(清談社)=取材・文

# 37.5歳の人生スナップ# 家族ノマド
更に読み込む