オシャレな大人を大量捕獲!「街角パパラッチ」2020冬 Vol.39
2020.01.15
FASHION

冬の背中を預けたくなる、エルメスのモコモコ&ブルーなバッグ

モノが溢れる消費社会において、僕らの「欲しい」の境界は、気分がアガるか否か。エルメスの生み出すプロダクトは、その意味で、常にワクワクを与えてくれる。

見た目が9割、なんて言われるけれど、目に見える事象の裏側にこそ、魅力が詰まっているんだと思う。

例えば、このトートバッグ。モコモコ&ブルーが愛らしく、幾何学的な模様も入る。当然「見た目」においてのセンスは抜群。“ジャケ買い”さえしたくなるものだ。

最高峰のムートンを使用した一室トートバッグ「エトリヴィエール・ショッピングムートン・アルクティック」。/エルメス
最高峰のムートンを使用した一室トート「エトリヴィエール・ショッピングムートン・アルクティック」。ジョッキーの着用する、いわゆる「勝負服」にインスパイアされたグラフィカルなパッチワーク柄が眩い。オーシャンズ的には、海を思わせるブルーグラデも魅力的。バッグH43×W38×D18cm 98万9000円、コート69万3000円/ともにエルメス(エルメスジャポン 03-3569-3300)

ただ、その「向こう側」に、最高峰のレザーを世界から供給される名門であることや、この柄が創業からのアイデンティティである「乗馬の世界」、すなわちジョッキーのウェアからインスパイアされたデザインであることなど、「だからこそ」の背景が広がっている。そこに触れて、我々の「欲しい」はマックスまで跳ね上がるというわけだ。

バッグに入れるものに保温性は不要なれど、冬だから、エルメスだから、このモコモコで気分がアガる。冬コーデの背中を預けたくなるんだ。

 

清水健吾=写真 来田拓也=スタイリング 髙村将司=文

# エルメス# トートバッグ
更に読み込む