乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.151
2020.09.22
CAR

車のカタチをした現代への問題提起!? 未来のための「ホンダe」に今乗り込む意味

ホンダ初の電気自動車として、10月30日(金)から発売予定の「ホンダe」。

前回、その性能や特徴に関して紹介したが、今回お届けするのは、「『ホンダe』はなぜ市販車として発売されたのか?」。

ただの“電気で走る車”ではなく、ましてや“儲かる車”でも全くないが、これを市販車として発売する必要があったという開発の想いを聞いてきた。

 

ホンダの役割ってなんだ? まで遡ったコンセプト

“誰でも購入できるコンセプトカー”である「ホンダe」が表現するのは、2030年の未来だ。

だから開発主査の一瀬智史さんをはじめとした開発スタッフたちは、では2030年ってどんな未来が来ていて欲しい?という模索からまずは取りかかった。

「ホンダe」開発主査の一瀬智史さん。

「まだ形になっていない段階から、目指すべき電気自動車の形を多くのスタッフと喧々諤々さまざまなディスカッションをしましたが、結局のところ未来を予測するのは不可能で、“未来を予測したいのなら未来を作っていくことだ”、という言葉を思い出して、まさにそうだなと。我々ホンダの役割は、モビリティの未来を作ることなんだと、考え直しました」と一瀬さん。

一瀬さんが思い出したのは、アラン・ケイの「未来を予測する最善の方法は、自らそれを創り出すことである」という言葉だろう。アラン・ケイとは、パーソナルコンピュータの父と呼ばれる人物で、スティーブ・ジョブスやビル・ゲイツにも多大な影響を与えたことで知られている。

ともかく一瀬さんたちは「どんな未来が来るか」ではなく「どんな未来にしたいか」を徹底的に議論し、自分たちが実現したい未来像を「ホンダe」というカタチに表現した。

そのうちのひとつが車と人、街、ネット、家……さまざまなモノが有機的に繋がっていく世界だ。こうしたシームレスな未来を作る乗りものが「ホンダe」だ、という想いを込めて、「ホンダe」の開発コンセプトを“シームレスライフクリエーター”とした。

だから車内のワイドモニターでゲームをしたり、映画が見れるようにした。車のWi-Fiに接続すれば車内でバリバリ仕事もできる。インテリアはモダンな家のリビングのようだ。

木の導管まで再現した木目調パネル。
ダウンライトのような車内照明。

暑い日は家の中からスマホで車のエアコンを操作して、車内を冷やしてから乗り込める。

V2G(車に貯めた電気を地域の電力供給網に流し、地域電力の安定化や余剰電力の活用に寄与できる仕組み。)で社会インフラとも接続可能なように設計されている。車と自宅、車と職場、車と地域とのシームレスな関係。

NEXT PAGE /

未来を考えるために投じた一石

「ホンダe」は“こんな未来にしたい”という、一種の提言でもあり、「未来を考える議論に一石を投じた」と一瀬さん。

“街なかベスト”という「ホンダe」の考え方も、投じられた石のひとつだ。というか、今後活発な議論を呼びそうなのは、この一石のほうかもしれない。

電気自動車というカテゴリー分けで見れば、「ホンダe」は後発だ。通常、後発ならそれ以前に登場している車よりも高い性能を備えようとする。ところが航続可能距離は先行する他社の電気自動車よりも若干短い。なぜなら“街なかベスト”にはこれ以上のバッテリーを積む必要はないと考えたからだ。

一瀬さんたちの調査によれば、1日の走行距離は90km以内という人が9割だった。つまり街乗り中心の人がほとんどだったということだ。

「だったら『ホンダe』の283km(WLTCモード)/308km(JC08モード)という航続可能距離で十分。他車よりバッテリー容量が少ないとはいえ、『ホンダe』の積むバッテリーでも、一般的な家の家電を約3日間使うことができ、カップラーメンのお湯なら約400食分を沸かせます」。

これ以上大容量のバッテリーを、つまり普段滅多に使わないような容量のバッテリーまで積んで走ることが本当にオーナーや世の中にとって“ベスト”なのか? ということを問いかける一石でもあるのだ。

高性能バッテリーを搭載したことで30分間の急速充電1回分の量で、ライバル車よりも長距離を走れるようにした。

「もちろん、電気自動車で遠出をすることを否定しているわけではありません。けれど本当に500kmもぶっ通しで走るでしょうか?」。500kmといえば東京〜京都ほどの距離だ。東京からの運転なら、約1時間30分、新東名の駿河湾沼津サービスエリアあたりで海を眺めながら休憩したくなる。その距離は約160km、「ホンダe」で十分行ける。

駿河湾沼津サービスエリアで30分休憩している間に充電して、次は約200km先の愛知県の刈谷PA(ハイウェイオアシスなので大きくて観覧車まである)あたりかな。でも2時間もかかるから、少し手前にしようか……。

と言ったところで「とは言え航続距離は長いほうが安心だ!」と思う人も多いだろう。だからこそ「ホンダe」は、こうした文字や言葉ではなく、「誰もが買えるコンセプトカー」として販売した。

実際に走って「なるほど、確かにこれで十分じゃないか」という人が少しずつ増えることを期待して。あるいはバッテリーのさらなる高性能化を求める声や、充電施設の拡充、その他諸々の議論が活発になること自体が、この車の目的のひとつなのである。

アラン・ケイは、テキストベースでコマンド(命令文)を入力するコンピュータが主流の時代に、今でこそ当たり前になったグラフィカル・ユーザー・インターフェイス(マウスでアイコンを見ながらクリックする、というような画面のこと)のパーソナルコンピュータを作った。

それを見てスティーブ・ジョブズがMacintoshを生み、ビル・ゲイツはWindowsを開発したと言われる。一瀬さんたちによって投じられた「ホンダe」という一石は未来に何をもたらすのか。

そして、この“問題提起”を目の当たりにしたとき、あなたは何を感じるだろうか?

籠島康弘=取材・文

# ホンダ# ホンダe# 電気自動車
更に読み込む