乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.106
2020.06.18
CAR

キャンピングカーに向くのは? 車中泊カスタムに最適な4台のベース車両

従来多かった8ナンバー(特種用途自動車)登録のキャンピングカーは、細かな要件を満たすため、どうしてもベース車両はハイエースやトラックなど大型のものが選ばれていた。

しかし、大型車は日常で使うには不便が生じることも多い。そこで、普段の使い勝手もいい車が欲しいというニーズから増えているのが、街でもよく見かけるミニバンやワンボックスをカスタムした車中泊カー。

例えばこの4台をベース車両にすれば、普段使いも楽で、自宅の駐車場などに広さや高さの制限がある人も安心して選べるはずだ。

 

■日産「NV200バネット」をベースに

カスタムを手掛けたのは「NONIDEL」だ。 https://nonidel.jp

ここ数年、車中泊カーを製作するビルダーから注目を集めているのが「NV200バネット」だ。

ミニバンのようなフォルムの商用車として開発されたため、リア空間の使い勝手の良さを備えていることが人気の秘密。しかも5ナンバーサイズなので扱いやすく、ファミリーカーとして使った際の乗り心地も上々。

カスタムショップNONIDELが製造した「ベースキャンプソロ」は、ソロキャンプを快適にするための装備が詰め込まれたモデル。

ベッドを1840×1000mmで設計したことで、ベッド横にあるシャワー付きのシンクと大型収納を備えるカウンターやロフトトレーなど、車中泊ライフを快適にしてくれる機能を充実させているのが特徴。

もちろんベッド下にも広い収納スペースが確保されているので、釣りやソロキャンプなど趣味のベース車として存分に使い倒せる。オプションでサブバッテリーやインバーターなどを設置することも可能。

 

■日産「セレナ」をベースに

カスタムを手掛けたのは「日産ピーズフィールドクラフト」だ。 www.ps-craft.co.jp

ミニバン年間販売台数で2年連続ナンバーワンになっている「セレナ」には、ガラス部分だけ開閉できるバックドアや、多彩なシートアレンジなど、ファミリーで使うのに便利な機能が多く盛り込まれている。

こうした特徴を省くことなくアウトドア仕様にした車中泊カーは、小さな子供がいるキャンパーにとって最高の1台となるはずだ。

日産プリンス東京販売が運営する日産ピーズフィールドクラフトが手掛けた「セレナP-SV」は、「セレナ」にポップアップルーフを架装したモデル。

ポップアップルーフへアクセスする間口は900×650mmと大きめに取られており、大人がラクに上がれるだけでなく車内で着替えをするときにも便利なように考えられている。

オプションのアンダーベッドを選ぶとポップアップルーフだけでなく室内でも大人2名がゆったり寝ることが可能に。日陰に車を止めてデュアルバックドアを開ければ心地いい風が抜けて気持ち良く昼寝ができるはず。

サブバッテリーやソーラー充電システムなどのオプションも豊富。ベース車両はガソリン車とe-POWER、どちらも選択可能となっている。

NEXT PAGE /

■トヨタ「エスクァイア」をベースに

カスタムを手掛けたのは「Van Revo」だ。 www.vanrevo.jp

燃費のことなども考えると、ハイブリッドカーを選びたい。そんな人にオススメなのが、トヨタのハイトミニバンである「エスクァイア」をベースにした車中泊カーだ。

Van Revoが製作するMRシリーズは、ベース車をノア、ヴォクシー、エスクァイアの3つから選ぶことができ、仕様もMR、MR-2、MR-Sと3タイプ用意されている。なかでも広々とした空間と高級感のある内装で車中泊カーとしても人気なのが「エスクァイア」だ。

写真は「エスクァイア」をベースにしたMR-2。ベッドサイズは1960×1050mmで、運転席後部と助手席後部にキャビネットを備えている。

ベッド展開しないときはマットを荷室に積み重ねて収納する。このときもベッドマット下に十分なスペースが設けられているので、積載量が減る心配はない。

助手席側のキャビネットにはシャワーとシンクを設置。シャワーホースは十分な長さがあるので、引っ張って外で使うことも可能。キャンプ以外にもサーフィンなどマリンスポーツにも便利だ。給排水タンクは各5Lとなっている。

 

■三菱「デリカD:5」をベースに

カスタムを手掛けたのは「西尾張三菱自動車販売」だ。 www.sun-auto.jp/mb

ミニバンにSUV並みの高い悪路走破性が与えられた、唯一無二の存在である「デリカD:5」。

悪天候のキャンプ場では地面がぬかるむこともあるため、D:5のオフロード性能は大きな安心感になる。クリーンディーゼルエンジンがラインナップされているのもD:5の魅力だ。

そんなD:5をベースにした車中泊カーなら、山へ行くにも長旅にも間違いないだろう。

西尾張三菱自動車販売が手掛ける「デリカD:5 D:POP」は、デリカD:5にポップアップルーフを装備したモデル。ルーフを開ければ子供の秘密基地のような空間が出現。ポップアップルーフの展開は女性でも簡単に操作できる設計になっている。

さらにオプションで2〜3列目に展開できるフルフラットのベッドや、車内をダイネット(ダイニングスペース)に変えることができる運転席回転シートなども用意されている。

サブバッテリーやソーラー発電システムもオプションで用意されているので、アウトドアの楽しみ方に応じで自由なカスタマイズが可能だ。

 

そもそも日本各地には、道の駅や設備の整ったキャンプ場がたくさんある。

だから水道や炊事設備を省いたり、8ナンバーの規定より小さくてもいいんじゃない!?  大人がゆっくり寝られるだけのスペースが確保されていれば、車中泊の醍醐味は十分味わえるはずだ。

 

高橋 満=文

# キャンピングカー# 車中泊
更に読み込む