乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.53
2019.08.29
CAR

格好良くて機能的。ジープが二物を与えた、26年ぶりのピックアップ「グラディエーター」

北米では毎年車種別の販売台数で1位に輝くピックアップトラック。どこでも行ける走破性や何でも積める積載量など実用性も高く、そして非常に男心をくすぐる車だ。

その屈強で力強い姿は、男なら「一度は乗ってみたい!」と思う車だろう。

そんなピックアップトラックに、話題の一台が登場した。ジープの新型ピックアップトラック、グラディエーターだ。

ジープの「グラディエーター」車両本体価格3万3545ドル〜。285馬力を叩き出す3.6Lエンジンを搭載し、6速マニュアルと8速オートマを用意。写真はオプションフル装備の最上位モデル、ルビコン。


ジープ26年ぶりの、妥協なきピックアップトラック

グラディエーターは、世界的なピックアップ人気を受けてジープがおよそ26年ぶりに送り出すピックアップトラック。長年温め続けただけに、その完成度の高さは半端じゃない。

スタイリングを見てピンときた人も多いと思うが、ベースは1940年代の軍用車両の面影を残した古き佳き人気オフローダーのラングラー。

グラディエーターは、ラングラーに比べて車体はかなり巨大になり、車体の3分の1以上を占める荷台の最大積載量はなんと約725kgもある。牽引能力も3470kgと軽自動車なら3台ぐらいは牽引できるクラス随一。悪路や傾斜路で発揮するオフロード性能は言わずもがなだ。

NEXT PAGE /

武骨な車体に、キメ細やかな最新機能満載

グラディエーターなら、サーフボードやマウンテンバイク、キャンプ道具も一式積み込んで、海でも山でもどこにでも遊びに行けそうだ。キャンピングカーを牽引して日本中を旅することだってできるに違いない。

なぜならこの車、一見してわかるパワフルさ以上に、先進の運転支援装備も充実しているから。

前車追従運転などを行ってくれるアダプティブクルーズコントロールや、ブレーキアシストにパークアシスト。さらには死角や車の後方に障害物を感知するとアラートを出してくれるブラインドスポットモニターなど、オプションも合わせて約80もの運転支援機能を用意。

充実の車内収納や後部座席のUSBポート、荷台のAC電源など、アウトドアや長距離ドライブのかゆいところに手が届くアクセサリーも備えており、加えて、iOSやアンドロイドのスマホと接続することでスマホのナビ機能と車載モニターをリンクさせられたり、アップルカープレイやシリにも対応するなど、最新のデジタル周りの機能にもしっかり対応している。

グラディエーターは本国アメリカでの販売に続き、来年からヨーロッパで発売されるとアナウンスされたばかりで、日本上陸はいまのところ未定。いずれ日本にやってきたら、アウドドア派の大人たちのあいだで新たな話題を呼ぶのは間違いなさそうだ。


次回はグラディエーターから派生したユニークなコンセプトモデルをご紹介。


真矢謙三=文 曽我部健(清談社)=編集 Fiat Chrysler Automobiles=写真提供

# グラディエーター# ジープ# ピックアップトラック
更に読み込む