乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.37
2019.05.16
CAR

「僕にとってでっかい軽トラ」一生乗るつもりで毎日乗ってるディフェンダー

俺のクルマと、アイツのクルマ
男にとって車は名刺代わり。だから、いい車に乗っている人に男は憧れる。じゃあ“いい車”のいいって何だ? その実態を探るため「俺よりセンスいいよ、アイツ」という車好きを数珠つなぎに紹介してもらう企画。


■5人目■
ヘアサロン「SAVA」オーナー 高橋大樹さん(44歳)

東京都府中市に2店舗を展開する美容室「SAVA(サヴァ)」のオーナー。妻と小学校6年生の息子と、今年5歳になる娘がいる。独立したのは32歳のとき。翌年、息子が生まれたのを機にクライスラー・ボイジャーを購入。また娘が生まれた年にディフェンダーを購入と、気付けば子供の誕生に合わせて車を購入している。



■高橋さんの愛車■
ランドローバー・ディフェンダー(2013年式)

戦後間もない1948年に「農地から自宅まで移動できる車」として誕生したのがランドローバー・シリーズ1。1990年に車名がディフェンダーと改名されたが、見た目はシリーズ1を60年以上ほぼ踏襲し続けている。軍用車両や警察、消防車両にも多数採用されるなど、実用的な4WD車として進化を続けたが、2015年に生産が終了した。



欲しかったのは“軽トラ使い”できる車

6年ほど前に新車で購入したというディフェンダー。「スノボに行ったら、雪がついたままのボードをボンって投げ入れられる。キャンプ道具だって多少泥がついたままでも突っ込んでおける」。洗車は年に1〜2回しかやらないという。細かなキズも、泥はねも気にしない。「僕の中ではディフェンダーは軽トラですよ、でっかい軽トラ(笑)」。

高橋さんの趣味は、キャンプやフェスに行くことだ。「キャンプといっても本格的なやつじゃないですよ。野外フェスでテントがあると便利だな、とかそういう感じで入って、次第にアウトドアって面白いなと思ってキャンプをやり始めて、という具合」。

そして、フェスには家族とではなくひとりで行くそう。「フェスに子供は連れていかないんです。小さな子供がいるとどうしても、『トイレが……』とか『音がうるさい』となりますから。もうちょっと大きくなったら一緒に行っても良いかも」。

今は現地にひとりで乗り込んで、待ち合わせた友達と一緒に酒を飲み、語らい、楽しむ。それが高橋さんの遊び方だ。

もちろん遊びだけでなく毎日の通勤や娘の幼稚園への送り迎え、スーパーへの買い物にもディフェンダーを使っているという。だから「壊れる車はダメです」。

荷物が積めて、四駆で、壊れない車。確かに子供の送り迎えや家族でのキャンプなどがなければ、本物の軽トラでも用は足りそうなカーライフだ。

car_1905defender
webG_Q9A9730
webG_Q9A9741
webG_Q9A9736
webG_Q9A9750
webG_Q9A9801
webG_Q9A9795
webG_Q9A9812
webG_Q9A9730
webG_Q9A9741
webG_Q9A9736
webG_Q9A9750
webG_Q9A9801
webG_Q9A9795
webG_Q9A9812
NEXT PAGE /

汚れた靴で乗れないような車は自分には向かない

高橋さんが車を持ったのは、約12年前のこと。それまでバイクで通勤していたが、長男が生まれたのを機に購入したという。本当は四駆が欲しかったが「スライドドアの車がいいと妻が言うので」あれこれ悩んでミニバンのクライスラー・ボイジャーに。

見た目は大事。だからボイジャーも、わざわざ本国アメリカだけで販売されていたデザインのものを探したという。

「ボイジャーは100万円ほどで走行距離2万kmの中古車。約10年落ちでしたがなかなか良い車でしたよ」と振り返る高橋さんだが、実はいざ妻が運転してみるとボイジャーは大きすぎ、結局妻専用に小さな車を追加で購入する羽目に。「だったら最初から別々でよかったじゃん……とは言えません 」。そしてボイジャーの3回目の車検の際にかなりの金額がかかることがわかり「よし! これで買い換える理由ができたと(笑)」。

実は口実ができる前から、次は何がいいかなと思案していたという。ジープ・ラングラーやチェロキーはボイジャーと同じクライスラーだし、せっかくなら別のメーカーの車に乗ってみたい。ディスカバリーは大人というか優等生すぎる感じがしたし、ランクルは乗ってる人が多いので人と被るかも……。

と、調べられるだけの四駆を調べて、次の相棒を探していたという。

「最終の候補としては、レンジローバーやメルセデスのGクラスも良かったんですが、ラグジュアリー過ぎて。やっぱり自分は『汚れた靴で乗るのがはばかられるような車はイヤだな』と思ったんです」。


車も服と同じ、ディフェンダーは心から“身につけたい”と思えた

そんなときにネットを調べていて、ディフェンダーが当時まだ新車で手に入ることを知った。「イメージはまさにキング・オブ・四駆。ヤンチャな泥まみれが似合いそう」。さらにエリザベス女王が運転している動画も見つけたという。「アメ車が泥だらけって当たり前ですけど、ディフェンダーには優しさや気品も感じました」。そのギャップにヤラレて即決したという。

「デザインがずっと変わらないという潔さもいい」と高橋さん。「昔のデザインだけれど、今の時代にも合うと思います。そういうオーセンティックなものって格好いいし、汚れやサビも味わいになります。服は古着が好きなんですが、それと同じ感覚ですかね」。

タイヤの汚れや鉄製ホイールのちょっとしたサビも味わいに。

高橋さんにとって、愛車選びは服選びと同じ。「本当に格好いい、好き、と思えるものを身につけたい」。他人に勧められて選ぶのではなく、身につけたいものを見つけるために自分で徹底的に探す。


相性のいい車は、オーナーに似てくる?

家族がいるのにひとりでフェスに出かけたりと、まだまだ遊び盛りな高橋さん。もちろん家族との時間も大事にしている。年に4〜5回は一緒にキャンプへ出かけ、子供が小さいうちは近場にしていたが、「娘は今年5歳。ようやく体つきがしっかりしてきたから」と今季からのキャンプは今までより少し遠い、長野県の上高地まで足をのばすという。

シフトレバーに巻かれた、これまでに行ったフェスのストラップ。

「家族で遊びに行くのももちろん楽しい、でも、子供たちのほうから『キャンプ行きたい!』と言われたことはまだないですが(笑)」。来年は息子さんが中学に入るから、一緒にフェスに行ったらどうです? と尋ねると「まあ、本人が僕ぐらい音楽を好きになったら、一緒に行ってもいいかな(笑)」。武骨でヤンチャ。でも優しい。高橋さんのキャラクターがディフェンダーと重なって見えた。

約5年で走行距離は6万8000km。これまで大した故障はなかったが、昨年の9月にクーラント(エンジンを冷やす機関)に原因不明の故障が起きた。ついでに飛び石による窓の小さなヒビやウインカーの不具合などの修理も重なったという。

そのときはさすがに買い替えを考えました? と聞くと「全然! 完全に壊れるまでは、一生乗るつもりです」と笑う。

本物の軽トラは、世界でも類を見ないほど壊れにくくロングライフで、多用途な車だという。高橋さんにとってディフェンダーは、家族も遊びも荷物も全部をガサッと詰め込んで、どこへでもずっと一緒に走り続けられる「軽トラ」なのだ。

鳥居健次郎=写真 籠島康弘=取材・文

# ディフェンダー# ランドローバー#
更に読み込む