OCEANS

SHARE

2022.08.31

ライフ

「サーフィンとヨガは表裏一体」。来日中のジェリー・ロペスが語った陰陽の哲学


▶︎すべての画像を見る

「昔話は好きじゃない。今を生きるのが僕の哲学だから。サーフィンも次の波がどうなるかわからないから楽しいんだ。それは人生も同じだろ?」。

穏やかな口調で、少し気恥ずかしそうに語ったのはサーフィンの神様、ジェリー・ロペスだ。

ジェリーは映画『ジェリー・ロペスの陰と陽』のジャパンツアーで来日し、8月28日には東京会場のユーロライブで上映後のトークショーに登壇。映画を振り返りつつ、サーフィンとヨガを通じて会得した人生哲学を自らの口で語った。


映画のセットはパタゴニア本社に組んでいた



映画『ジェリー・ロペスの陰と陽』はジェリー・ロペスの半生を描いた長編ドキュメンタリーだ。制作は「パタゴニア・フィルムズ」が手掛け、監督はカリスマスケーターでもあるステイシー・ペラルタが務めた。

ジェリー・ロペスは攻撃的なサーフスタイルとヨガで身につけたプラーナ(=呼吸)で世界中の波を攻略。シェイパーとしても超一流で、ロングボードが主流だった時代にショートボードを生み出すなど、サーフィンを新開地に導いた第一人者として知られている。

また、サーフブランド「ライトニング・ボルト」を立ち上げたり、俳優として数々の映画に出演するなど、そのマルチな才能で世界中のサーファーたちに甚大な影響を与えてきた。その過程はいずれも映画内で詳しく触れられている。



トークショーに登壇したジェリーは、今回の映画について「ハリウッド映画と違って、ドキュメンタリーは本当の自分が出てしまう。恥ずかしかったし、大変だったよ」と苦笑した。

「この映画のために撮影したシーンはほとんどないんだ。これまで撮りためてきた素材をたくさん使ったからね。

でも実は、映画に出てくるシェイプルームはベンチュラのパタゴニア本社に作ったセットで、そこに仲間たちを呼んでインタビューも撮ったんだよ。だから、今回の映画ではあの空間がいちばん重要な場所かもしれないな」。


2/3