OCEANS

SHARE

2022.05.14

ファッション

コレで少なくとも300〜400万円です。価格高騰必至な「ターコイズ」の投資術



ファッション・カルチャー投資学●NISA、不動産、ビットコイン、アート。いろんな投資方法があるが、やっぱりオーシャンズな男なら自分の“好き”でも勝負したい。ファッション&カルチャーを極めて、狙え一攫千金!
ネイティブアクセサリーの中でも、とりわけターコイズの世界は奥が深い。その沼にハマれば、抜け出せなくなると聞く。しかも近年は、市場での価格高騰も著しいらしい。

“魅惑の世界”の扉を開けるべく、日本を代表するターコイズラバー、バーニーズ ニューヨークの中野光章さんを訪ねた。

▶動画も観てね!

ターコイズの価値は「天然」か否かで決まる

オーシャンズ世代にとってアメカジや渋カジは、馴染み深い。それらのスタイルにネイティブアクセサリーは欠かせない存在だった。とはいえ、ここ20年でターコイズが驚くような価格高騰を続けていることを、知る人は少ないだろう。

そもそもターコイズの魅力とは? 真に価値あるものの基準は? そして、今の市場価格はどうなっているのか?


中野光章(なかの・みつあき)●バーニーズ ニューヨーク ブランドコミュニケーション部ディレクター。日本でも指折りのターコイズコレクターとしても知られ、座右の銘は〝インディアンジュエリーは出逢った時が最安値″。


――まず、市場で価値が認められているターコイズとはどういうものなのでしょうか?

「前提として、無加工、未処理のものです。ターコイズは、多孔質で気泡が多く、ダイヤモンド等の貴石ではなく半貴石で硬度の問題もあり、そのままだとジュエリーとして成り立たないものも多いのです。

そのために、プラスチックで埋めたり、色を染めたり、電気処理をしたりして硬度を上げるのですが、そういった処理がされてしまうと石の希少価値はなくなります」。

――より自然に近い石に価値があるということですね。


コレクターが認めるターコイズは、基本的に“天然”である。


「そうです。天然で十分な硬さがあって輝きのあるもの。それが本当に価値のあるターコイズです」。

――それを採掘するのは、大変なのでしょうか?

「加工されていないものは、全体の数%と言われています。しかも本当に価値あるジュエリーとして成り立つものを突き詰めていくと、数千粒に1つというような割合ですね」。


重ね付けしても、どこか品があるのもターコイズの魅力だ


――世界中のコレクターがそれを狙っているわけですね。

「はい。今、市場で最も価値があると考えられるのは、ローンマウンテンというネバダ州産の石です。中でも1969〜71年の3年間に採掘されたものが、一番評価されています」。


2/3

RANKING