OCEANS

SHARE

2022.03.23

ライフ

最もエモーショナル。最新作「ザ・バットマン」主演俳優にインタビュー

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』 2022年3月11日(金) 全国ロードショー (c) 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』 2022年3月11日(金) 全国ロードショー (c) 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC


当記事は「Forbes JAPAN」の提供記事です。元記事はこちらから。

過去に何度も映画化されているアメリカンコミックのスーパーヒーロー「バットマン」。3月11日には、最新映画「THE BATMAN−ザ・バットマン−」(原題「THE BATMAN」)が公開された。

タイトルに「THE」が付けられているとおり、これまでのバットマンの「決定版」的な意味合いが感じられる作品だ。

監督はマット・リーヴス。これまで「猿の惑星:新世紀(ライジング)」(2014年)や「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」(2017年)などでメガホンをとっている実力派の監督だが、今回の作品は「これまでのバットマンで、最もエモーショナルなものになる」と宣言していた。

それだけにバットマン自身の原点に立ち返り、その人物像の深化に力が注がれる。爆発にも耐えうる防護服バットスーツに身を包んでいるとはいえ、そこにはスーパーヒーローとしてではなく、生身の「人間」としてのバットマンが描かれているのが印象的だ。

今回、これまでにないバットマンを演じたロバート・パティンソンと、キャットウーマンに扮したゾーイ・クラヴィッツに話を聞いた。

エモーショナルな面を浮き彫りに

作品の舞台は、若きブルース・ウェインが、バットマンとして「悪」と対峙し始めてから2年目に設定されている。

大富豪でありながら、目の前で両親を殺害された過去を持つ青年ブルース・ウェイン(ロバート・パティンソン)は、周囲からの孤立感に苛まれながらも、ゴッサム・シティの「探偵」として、ときにはバットマンの姿に身を包み、さまざまな犯罪に立ち向かっていた。

ある日、犯人を名乗るリドラー(ポール・ダノ)による街の権力者たちを狙った連続殺人事件が起きる。知能犯のリドラーは必ず現場に「なぞなぞ」を残していった。

警察や「探偵」ブルースも動き出すが、「次の犠牲者はバットマン」というメッセージが届く。犯行の目的は何なのか、リドラーを追うなかで出会ったキャットウーマン(ゾーイ・クラヴィッツ)とともにブルースは真相に迫ろうとするが……。

(c) 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC

(c) 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC


──「THE BATMAN−ザ・バットマン−」は、若き日のブルース・ウェインに焦点を当て、人間的な側面が色濃く描かれているという印象を持ちました。それぞれの役を演じるうえで、どんなことを意識しましたか?

ロバート・パティンソン:まずは役づくりの準備として、「バットマン」のグラフィックノベルをたくさん読みました。そして、そのすべてに悲劇の要素が描かれていることに気づいたんです。

過去の「バットマン」作品を見た多くの人は、ブルース・ウェインは大富豪だから、いろいろな武器や装置を用意することができたし、その富によってスーパーヒーローになれたのだと考えているかもしれません。

でも今回、僕たちは新たな物語のなかで、ブルースは大富豪であるがゆえに外の世界から隔絶された存在となり、さらにOCD(強迫性障害)的な性格になってしまったのではないかと考えました。


2/2

RANKING