OCEANS

SHARE

2019.06.27

「革靴ではなくサンダルです」365日、思いのまま乗れる三菱・アウトランダーPHEV


俺のクルマと、アイツのクルマ
男にとって車は名刺代わり。だから、いい車に乗っている人に男は憧れる。じゃあ“いい車”のいいって何だ? その実態を探るため「俺よりセンスいいよ、アイツ」という車好きを数珠つなぎに紹介してもらう企画。




■6人目■
フリープランナー 種市 暁さん(46歳)
フリープランナー 種市 暁さん(46歳) サーフィンを愛する海男
サーフィンを愛する海男。長年ビームスに勤務した後、フリーランスプランナーとして独立。ブランドのコンサルティングやプロダクトのディレクションなどを手掛ける。オーシャンズにて「種カジのタネあし」を連載中。インスタグラム@taneichiakiraも要チェック。
 

■種市さんの愛車■
三菱・アウトランダーPHEV

i-MiEVで培ったEV技術とランサーエボリューションで鍛えた4WD技術、パジェロで築いたSUVのノウハウを結集したプラグインハイブリッドのSUV。リチウムイオンバッテリーに蓄えた電気は、満充電の状態なら一般家庭の約1日分の電力をまかなうことができる。


愛犬と一緒に、予定を組まずに出かけられる車を

雨が降ってないところを天気図で探したら青森だったから、愛車のアウトランダーPHEVに飛び乗って青森へ。「とりあえず向かってみようと。そういえば青森の知人にいつか来て下さいよとも言われていたな、って具合です(笑)」。



この車が納車された直後にテストドライブを兼ねて友人と「とりあえず西へ」出かけたこともある。理由は「少しでも暖かい場所を目指して」。名古屋方面にまず向かい、伊勢まで足を伸ばして紀伊半島をぐるりと和歌山まで。そのまま岐阜へ上がって長野を抜けると、群馬から南下して…… という4泊5日の旅。

車は思いのままに走らせる


「例えばサーフィンってそうじゃないですか? お、今日はコンディションいいな、じゃあ行くか!っていう」。逆にいえば予定していた日や場所でも、波が悪ければ行きたくない。「だから宿を取っていくドライブって、あまりしないんですよ。宿を予約したら行かなくちゃいけないから」。

車中泊ができるポップアップテント付きの三菱・アウトランダーPHEVは、そんな種市さんにとって理想の車だった。

ポップアップ式のルーフテントがついたアウトランダーPHEV。リア部分が旅の荷物で埋まっても、大人がゆったり寝られるスペースを屋根の上に確保できる。 ポップアップ式のルーフテントがついたアウトランダーPHEV。リア部分が旅の荷物で埋まっても、大人がゆったり寝られるスペースを屋根の上に確保できる。


「愛知県にある三菱ディーラーが唯一作っていることを人づてに聞いたんです。ただ新車価格だとちょっと高いな〜と悩んでいたら、ベースのアウトランダー自体がマイナーチェンジすることに。それに合わせてポップアップ仕様の展示用サンプルも変わるので、それまでの展示用モデルをサンプル価格で購入できました」。

もちろん最新技術がたっぷり備わった国産車だから「輸入車だとどうしてもついて回る、途中で止まるかも、という不安感が一切ない」。なので青森や和歌山など、長距離でもふらっと行ってみよう、なんて気軽な行動ができるという。



もうひとつ、アウトランダーPHEVでなければならない理由があった。

「ウチのトウフ(愛犬のフレンチブルドッグ)は暑いのが苦手なんです。僕がサーフィンをしているときは車内にいるのでエアコンをかけっぱなしにしてあげたい。けれどそんなことができる車はないので、今までは連れて行ってあげられなかったんですが、PHEVのアウトランダーならエンジンをとめてもバッテリーだけでクーラーを長時間使えると聞いて」。

これもアウトランダーPHEVを選んだ理由のひとつだ。



2/3