OCEANS

SHARE

2022.01.20

時計

“欲しく”なるサステイナブル。海洋ごみ問題へ切り込む「ノア」のマスコットが腕時計に

社会が変容する中で、SDGsという言葉と活動の浸透を実感する。

だが、ひとたび個人として向き合うと地球の未来というテーマは壮大で、途端に手も足も出なくなる。だからいつまでたっても“自分ごと化”ができない。でも……。

そうやってシリアスに考え込むのをまずやめてみよう、そんなきっかけを与えてくれるのが、このノア×タイメックスの腕時計だ。

今回ベースとしたのはタイメックスが創業地の名を冠する人気作「ウォーターベリー」。SS製のケースは小ぶりの38㎜径で、マスコットの右手が時針、左手が分針となり時を知らせてくれる。そして、裏蓋には「GHOST NETS SUCK!」というメッセージが刻まれる。SSケース、38㎜径、クオーツ。1万8480円/ノア クラブハウス

今回ベースとしたのはタイメックスが創業地の名を冠する人気作「ウォーターベリー」。SS製のケースは小ぶりの38mm径で、マスコットの右手が時針、左手が分針となり時を知らせてくれる。そして、裏蓋には「GHOST NETS SUCK!」というメッセージが刻まれる。SSケース、38mm径、クオーツ。1万8480円/ノア×タイメックス(ノア クラブハウス 03-5413-5030)


不敵な笑みを浮かべる亀が右手にナイフを持ち、左手は中指を立てている。ポップでキュート、あるいはユーモラス。そんな印象を抱くこの亀は、海洋生物の生態系に深刻な被害を及ぼしている“海洋ごみ問題”への注意喚起を行うノアのマスコット。

海洋生物を絡め取り、死傷させる原因であるゴーストネット(海に捨てられる漁網で、海洋ごみのおよそ半分を占める)を切り裂き、その惨劇に立ち向かうシンボルとして数年前にTシャツに描かれた。いまだ解消されない問題に光を当てるために、腕時計となって再び戻ってきたというわけだ。この遊びのあるアプローチがなんとも共感できる。

収益の10%をゴーストネットの除去に取り組むOcean Defenders Allianceに寄付するだけでなく、このストラップには環境への影響を抑えた染色を施すリサイクルポリエステルを採用する。太陽や水に繰り返し晒されても、高性能で耐変色性がある素材だ。

ノアの創業者ブレンドン・バベンジンさんは、モノづくりにおいて早くからサステイナブルを追求してきた人物。再生素材を使ったり、想いを託せる団体への寄付といったアプローチ以前に大切にしているのが「長く使えるモノを作る」視点だ。流行に左右されず、高品質でタフなモノ。それを信条としてきたからこそ、パートナーにタイメックスを迎えた点にも合点がいくだろう。

そして何より重要なのは、背景を知らずとも、この腕時計が素直に「欲しい!」と思えるモノであること。サステイナブルの精神が、ユーモアとともに楽しく伝わってくる。もっと肩の力を抜いて、地球の未来を考えよう。自分なりに、ゆっくりと時間をかけて。


※本文中における素材の略称:SS=ステンレススチール

清水健吾=写真 来田拓也=スタイリング 安部 毅=文

SHARE