OCEANS

SHARE

2021.07.28

あの映画であの役者が乗った、あの車。ただ“格好いい”でなく記憶に残る4台

味のある映画の登場人物は、往々にして意外なセンスが光る車に乗っている。いかにも“格好いい車”よりも、そのほうが案外、記憶にも残る。
たとえば、あの人が乗っていたこんな4台とかね。
 

■『デッド・ドント・ダイ』のアダム・ドライバーが乗っていた

スマート フォーツーカブリオ

スマート フォーツーカブリオ

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でダークサイドに堕ちたカイロ・レンを演じ、一気に世界的スターとなったアダム・ドライバー。彼がジム・ジャームッシュ監督の『デッド・ドント・ダイ』で乗っていた愛車が、スマートの「フォーツーカブリオ」だ。
全長約2.8mというマイクロカーに彼が乗って現れると、カンヌ映画祭の会場では笑いが起こったという。
パリッとした警官の制服を着て、真面目そうな眼鏡をかけた身長189cmの彼の頭は、カブリオでなければ天井につかえていたはず。コミカルでシュール。それこそがこのゾンビ・コメディである本作品の世界観を象徴するものでもあった。

アダム・ドライバーが乗ったのは2007年に登場した2代目モデル。1Lの小さなエンジンをリアに載せ、後輪を駆動させるRR。電動で開閉するソフトトップを備えている。
日本ではあまり売れなかったため中古車の台数は少ないが、100万円程度で十分買える。
 

■『トランスポーター』のジェイソン・ステイサムが乗っていた

ルノー 5(サンク)

ルノー 5(サンク)

映画『トランスポーター』といえば、どんな依頼品でも確実に運ぶ元特殊部隊で運び屋の主人公が、愛車のBMW 735iと演じるド派手なカーアクションが魅力のひとつ。
なのだが、実は主人公フランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)は、735i以外にもルノーの5をスクリーン上で運転していた。
劇中でいつもピカピカに磨いていた大切な愛車を敵に爆破された際、たまたま近くにあった5に乗って追いかける。というシーンがあるのだ

しかし、ルノーの中で当時最廉価なモデルとして開発されたサンクは、フランクの荒々しい運転に耐えられず、ついに白煙を上げてしまう。という手に汗握るカーアクションシーンだ。
最廉価モデルで社内デザインとはいえ、ヨーロッパでベストセラーになったサンク。1972年から1985年まで製造された。
後継モデルのシュペールサンクは、ランボルギーニ・カウンタックなど数々の名車をデザインしたガンディーニに託されたのだが、デザインはリファインする程度にとどめられた。
それだけサンクのデザインが完成されていたという証とも言えるだろう。現在は残念ながら中古車はほとんど流通していない稀少な存在。


2/2

RANKING