OCEANS

SHARE

腕時計223万3000円/パネライ(オフィチーネ パネライ 0120-18-7110) 、Tシャツ7480円/ミスター・ジェントルマン 03-6418-1460、ヴィンテージのデニム39万3800円/ベルベルジン 03-3401-4666
メンズファッション誌やドラマ「ビーチボーイズ」「GTO」シリーズなど、青春時代をともにしてきたオーシャンズ読者にとって、反町さんは永遠の憧れ。“かっこいい大人=反町隆史”なのだ。
どうしたら反町隆史のようになれるのか。無茶な質問にもかかわらず「うーん……」と真剣に悩むと「かっこいい大人という概念が人それぞれ違うと思いますが」と前置きをしつつ、言葉を紡ぐ。
「個人的には、自分自身が好きなことをやっているからだと思いますが、やはり趣味の時間など、プライベートは充実させたいとは思っています。
それに加えて、パートナーやお子さんがいらっしゃる方は家庭でもいい時間を過ごすこと。その時間こそが、今度は仕事にも反映されるのだと思います。そのためには自分自身も努力が必要ですから」。

10代の頃にモデルとしてキャリアをスタートして以来、常に第一線で活躍し続けているが、今後はどんな夢を抱いているのだろうか。
「僕の船は1995年から乗っていて、もう20年以上も前の船なのですが、60歳くらいになっていてもずっと同じ船で釣りをしていたいと思っています。というのも、自分の中では昔から、流行りに乗っからないというポリシーというか、こだわりがあるんです。
時計や車でも、いくら新しいモデルで人気があっても、自分の中でしっくりこなければ買わない。そういう変わらぬ価値観で、これからもずっとバスフィッシングをしていたいんです。
60〜70歳くらいになったときに若い子たちから『あのじいさん、まだあんな古い船に乗ってるよ』って言われるのが、いちばんいいなって思います」。
好きなものを深く一途に愛し続ける。反町隆史は、これからも自分自身をだますことなく生きてゆく。
▶︎反町隆史とパネライの“必然の出会い”。本邦初公開のコラボモデルも登場!
反町隆史●1973年、埼玉県出身。16歳のときにファッションモデルとしてキャリアをスタート。’94年にドラマ「毎度ゴメンなさぁい」で俳優デビュー。以降現在まで、ドラマや映画など、多くの作品に出演している。
TAKAY、竹内裕二(BALLPARK)=写真 熊谷隆志=スタイリング 池上 豪(NICOLASHKA)、飯嶋恵太(Mod’s Hair) =ヘアメイク 柴田 充、髙村将司、オオサワ系、まつあみ 靖、戸叶庸之=文


SHARE