OCEANS

SHARE

2021.04.12

時計

ゼニス公認のヴィンテージ「エル・プリメロ」が買える新プロジェクトの全貌

味の出たダイヤル。インダイヤルの色が違うってことは……。詳細は後ほど!
ゼニスにとって世界5番目の直営店である「ゼニス ブティック銀座」が、2020年10月に移転リニューアルした。

ブランドカラーのネイビーとグレーを基調にした店内には、「デファイ」「クロノマスター」「パイロット」「エリート」の主要コレクションのほか、最新作から限定モデルまで並んでいる。

さらに、ブティックの奥にあるVIPルームには、とても稀少なヴィンテージが。
そう、これこそが世界に先駆けて銀座から発信するゼニスの新プロジェクト、「ゼニス アイコン」なのだ。
 

日本からの提案で始まった、ブランド公認のヴィンテージ販売

ブティックマネージャーの村田祐一さんは「ゼニス アイコン」がスタートした経緯についてにこう話してくれた。

「オープン当初、ディスプレイ用にヴィンテージウォッチを飾っていたんです。そうしたところ、『あれは買えるんでしょうか?』といった問い合わせがとても多くて。その声をスイスに届けたら、ヴィンテージを販売してみようと話が進んで、このプロジェクトが始まったんです」。
ヴィンテージウォッチが並ぶVIPルームのショーケース。
つまり、このブティックでは、ブランド公認のヴィンテージウォッチが購入できるというわけだ。にしても、どんな個体が並ぶのか?
「店頭に並べる時計はすべてスイス本国が選び抜いたものです。そして、販売する時計には『パスポート』と呼ばれる書類を付属します。そこには修理履歴などさまざまな情報が記載できるようになっていて、メンテナンスはすべてスイスで対応しています」。
時計の来歴をすべて記した「パスポート」だけでも見応え満点。
そうなると、俄然気になってくるのは時計の選定基準だ。
「今のところ『エル・プリメロ』の最初期にあたるムーブメントが搭載された1969年から1970年代初頭までの時計に絞っています。
私たちはヴィンテージを“歴史的な遺産”として捉えていて、とりわけ『エル・プリメロ』が誕生した時代のクロノグラフは重要なんですよね」。


2/3

RANKING