OCEANS

SHARE

2020.11.27

時計

プロテクター装備。Gショックの元祖“三つ目”をミリタリー仕様にしたのは誰?

Gショックはバラエティに富んだコラボレーションもその醍醐味のひとつ。
開発者・伊部菊雄のひと言企画書「落としても壊れない時計」をきっかけに誕生して以降、この“タフネスの象徴”はさまざまなパートナーを迎えては、その時々で表情を変え、進化してきた。
なかでもデザイナー、尾花大輔が手掛けるN.ハリウッドとGショックのコラボレーションは、2014年の第一弾を皮切りに、毎年新作が登場している人気シリーズである。
1万9000円/N.ハリウッド×Gショック(ミスターハリウッド 03-5414-5071)
新たに解禁された第7弾では、Gショック初期のベーシックモデル「DW-5900」をベースに、N.ハリウッドが得意とするミリタリーテイストを落とし込んでいる。
「DW-5600」シリーズにこだわり続けてきたN.ハリ×Gショックシリーズから、満を持して、古参マニアも垂涎の「DW-5900」が登場したとは、実に感慨深い……!
言わずもがな、「DW-5900」はGショックの元祖“三つ目”として、90年代の第一次Gショックブームを牽引した伝説の一本である。
元祖“三つ目”のGショックにファンも垂涎!
1990年にアメリカで発表され、1992年の逆輸入で日本でもブレイクを果たした名機は、従来の液晶モデルにはない斬新な3つのデジタルグラフィックを搭載し、当時は芸能人からミュージシャン、スケーターまで、最先端のスタイルを求める高感度層がこぞって着用していた。
N.ハリウッドは、その「DW-5900」をマットなオールブラックで統一し、ソリッドな表情へと一新。
公開された設計図の一部。
さらに、ケースにはフロントを保護するプロテクターを装備し、屈強なモデルにさらなる堅牢性を注入した。
フェイス上下には「TYPEⅡ-CLASS G」と「WATER RESIST」のN.ハリオリジナルのミルスペックを配置し、2時位置とケース裏には「N.H.TPES」のスペックを刻印。米軍の官給品を彷彿させるオリジナルパッケージまで付属し、まさに求めてた一本へとモディファイされている。
スペシャルなプロテクターがその表情を一層武骨にする。
販売先はミスターハリウッドの東京店・大阪店およびN.ハリウッドの直営店舗、公式オンライン、ZOZOTOWNとなっている。
元祖三つ目のN.ハリ仕様。オーシャンズ世代に“見送り”という選択肢はないな。
 
[問い合わせ]
ミスターハリウッド
03-5414-5071
市川明治=文


SHARE