OCEANS

SHARE

2020.09.04

時計

ロレックスの新型「サブマリーナー」。パワーアップした3つのポイント解説

待ちに待った瞬間が、ついに訪れた。
去る9月1日、ロレックスがオフィシャルサイトにて、4つのモデルから新作を発表した。なかでも世界中から熱視線を集めたのが、史上最も有名なダイバーズウォッチ「サブマリーナー」だ。
ロレックスの新型サブマリーナーの違い
遂に現れた新型「サブマリーナー」は、どう進化したのか?
今回発表された新作はこれまでと何が変わったのか。3つのポイントから、簡単簡潔にその魅力を紹介しよう。
 

Point① 1mm大きくなった新ケース

1953年に誕生した「サブマリーナー」は、100mの防水性能を実現させた初のダイバーズウォッチ。
その歴史は、絶え間ない進化によって紡がれたてきたことはご存知の通りだ。
「オイスター パーペチュアル サブマリーナー」オイスタースチールケース、41mm径、自動巻き。77万7000円(9月以降販売予定)/ロレックス(日本ロレックス 03-3216-5671)
「サブマリーナー」及び「サブマリーナー デイト」が新たに手にしたもののひとつが、“程良いバランスのサイズ感”だ。
腕時計の世界においてミリ単位の差とは微差ではない。「サブマリーナー」では初となる41mm径のケース、このモデルのためにデザインされた新型のブレスレットは、精妙なプロポーションを描き出している。
わずか1mm大きくすることで得た、さらなる存在感。これは、王道中の王道である「サブマリーナー」でこそ味わえる魅力だ。
シャープになったラグは、新しいオイスターブレスレットと完璧に調和する。


2/3

RANKING