OCEANS

SHARE

2020.08.26

時計

ヴィンテージミリタリー時計の超王道。IWCの「マーク11」を知っているか?

「ミリタリーウォッチ ブートキャンプ」とは……
言わずと知れた高級時計の名門IWCが手掛けたパイロットウォッチ「マーク11」は、数あるヴィンテージのミリタリーウォッチの中で支持率NO.1とも言える超人気モデルだ。
市場価格は100~140万円前後が相場で“常に探している人がいる”と言われている。
では、なぜこのモデルが圧倒的に支持されるのか? その理由について、「デザイン」「バリエーション」という2つの角度から検証する。
 

機能美に裏打ちされた“不世出のデザイン”

最もオーソドックなイギリス空軍用の「マーク11」。
最もオーソドックス なイギリス空軍用の「マーク11」。「IWC インター イギリス空軍 マーク11 6B/346」 1952年支給、SSケース、36mm径、手巻き。130万円前後(実勢価格)/キュリオスキュリオ 03-6712-6933
IWC製の「マーク11」は、製造期間が1948年から1960年代初頭と非常に長いのだが、デザインに関しての変更はほぼ見られない。
そのことからもわかるように、「マーク11」が今でも色褪せない理由は、当時の最先端を走る優れた設計にあるのだ。
第二次世界大戦時にイギリス陸軍に納入された防水時計「W.W.W.」シリーズの最高峰とされるIWCの「マーク10」と比較すると、当時の技術開発者たちが「マーク11」にかけた意気込みが伝わってくる。
両者の決定的な違いはシンプル。「マーク11」はパイロットウォッチであることだ。
まずは文字盤に着目。スモールセコンドであった「マーク10」に対して、「マーク11」は白い秒針を備えたセンターセコンドに。これにより視認性が格段に向上したことは言うまでもない。
文字盤には、「ブロードアロー」と夜光塗料にトリチウムを使用していることを意味する指す「T」マークがプリント。
次はケースの構造について。
パイロットウォッチゆえ耐磁性能を求められた「マーク11」は、ムーブメントが磁気帯びしないようにインナーケースで挟む2重構造を採用した。
磁気への対策として、インナーケースを搭載。
「W.W.W.」でも採用している傘型の風防を継承しつつ、ねじ込み式の裏蓋、防水に強いリュウズを新たに取り入れることで防水性能も格段にアップ。
ねじ込み式のケースバック。マーキングの「6B」からイギリス空軍に納入されていたことがわかる。
手巻き式ムーブメントの「Cal.89」には、この時計のためにハック機能が追加されている。初期型を除くと、耐震装置(インカブロック)が装備されていることも付け加えておこう。
「マーク11」特有のマーキングとして、ムーブメントにも「ブロードアロー」の刻印が入る。
これはミリタリーウォッチに限らないが、ムーブメント然り、優れた内部構造を持つ時計は総じてスタイリングのレベルも高い。見た目もイケてるというわけだ。
そして「マーク11」が持つ、適度な厚みがある36mmの小径ケース、シンプルで力強いデザインの文字盤は、同じ3針の時計でありながら、一般的なドレスウォッチとは明らかに異なる魅力が溢れている。
肉厚なケースやソリッドなベゼルも、優れたデザインの一部。


2/2

RANKING