OCEANS

SHARE

2020.08.12

時計

ロンジンがミリタリーウォッチ界で王者と呼ばれる秘密と事実、狙いたい名機

「ミリタリーウォッチ ブートキャンプ」とは……
ヴィンテージ好きにとって、ロンジンは特別なブランドだ。
当代きってのマニュファクチュールであり、伝説的な名機を世に送り出した名門ロンジンのヴィンテージウォッチのなかでも絶品だと言われているのが、クロノグラフ。
ロンジンのミリタリーウォッチの代表格、通称“ラージクッションケース”シリーズ。こちらの1本は、最も稀少だと言われているセカンドモデル。
ロンジンのミリタリーウォッチの代表格、チェコスロバキア軍の通称“ラージクッションケース”シリーズ。こちらは最も稀少だと言われているセカンドモデル。
かつてのスイス時計業界は、自社でクロノグラフ専用ムーブメントを開発できるブランドがごく少数だったこともあり、ロンジンの「Cal.13ZN」や「Cal.30CH」などのムーブメントを搭載した個体のほとんどが、今ではプレミア価格で取引されている。
ミリタリーウォッチの分野でもその実力はいかんなく発揮されており、ロンジンは最も多くの国の軍隊(イギリス、アメリカ、フランス、オランダ、インド、チェコスロバキア、日本、ケニアなど)に時計を納入した実績を持つ。
時計のクオリティもズバ抜けており、ムーブメントの設計はもちろん、素材使いや仕上げも超優秀。特殊な機能を持ったモデルも多く、選ぶ楽しみも満載なのだ。


2/3

RANKING