OCEANS

SHARE

2020.05.18

時計

待望の復刻3本。パイロットに愛された傑作ミリタリーウォッチたち

「豊作、復刻時計」とは……
復刻時計でも特に人気の高いジャンルがミリタリーだ。
極限での使用を想定したタフネスと無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインは、まさに機能美そのもの。フライトジャケットや軍パン同様、常に男心くすぐる存在だ。

そんなヴィンテージならではの、時によって磨き抜かれたスタイルに、精度やパワーリザーブ、防水性など現代的なスペックや品質を備えるのも復刻ならではの魅力。
おろし立ての美しい状態もいいけれど、ガシガシと使い込んで刻まれた小傷も似合う。その姿にどんどん愛着が増すのである。
 

HAMILTON ハミルトン
カーキ パイロット パイオニア メカ

SSケース、手巻き、33mm径、9万6000円/ハミルトン(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371)
ハミルトンは、1965年から約10年以上にわたり4万本以上の時計を英国軍に納入していた。なかでも’73年から’76年に英国王立空軍に支給された「W10」は、時計通の間でも高い人気を誇る。これを復刻したのが写真のモデルだ。

イギリスの官有物であることを示すブロードアローマークこそ付かないが、滑らかなオーバル状のケースにNATOストラップを備え、当時のスタイルを再現する。
特筆すべきは33mm径という今では小振りに感じるサイズと、あえて手巻き式ムーブメントを搭載していることだ。これによって見た目だけでなく、中味や雰囲気までも忠実に甦らせた。

しかも手巻きとはいえパワーリザーブは80時間を備え、日常の使い勝手にも十分応える。現代の最新技術を備えてこそ復刻する意味があり、その点でも価値ある一本だ。
さりげないサイズ感とスタイリッシュなデザインは、ミリタリーテイストも控えめで、カジュアルからオンタイムにもいいだろう。


2/2

RANKING