OCEANS

SHARE

2020.01.25

【ベンツのトリセツ】車を発明した責任感=圧倒的な信頼感

車のトリセツ●走行に関するトリセツはダッシュボードの中にあるけれど、各メーカーの車の魅力を紐解くトリセツはなかなか見つからない。だから始める、オートマティックで好きになったあの車を深掘り、好きな理由を探るマニュアル的連載。

ガソリン車を発明したメルセデス・ベンツ

1886年に世界最初のガソリン車を発明したカール・ベンツ、それにわずかに遅れてガソリン車の開発を発表したゴットリーブ・ダイムラー。
彼らが興した「ベンツ&カンパニー」と「ダイムラー・モトーレン」が合併して、1926年に誕生したのがダイムラー・ベンツ、現在のメルセデス・ベンツだ。
1886年にカール・ベンツが開発した世界初の自動車
1886年にカール・ベンツが開発した世界初の3輪ガソリン車、モートルヴァーゲン。ドイツ・ミュンヘンにあるメルセデス・ベンツ ミュージアムに展示されている。
ちなみに「メルセデス」とは、ダイムラー・モトーレンの販売代理店を経営していたイエリネクが、ダイムラーという堅苦しい名前よりも人々に好まれる名前をと、自らの娘の名前から取って販売する車に付けた名前だ。のちの合併の際にブランド名の「メルセデス・ベンツ」として残り、今に至っている。
ちなみに合併時にはすでにゴットリーブ・ダイムラーは亡くなっており、技術面の責任者には、のちのポルシェの創始者であるフェルディナンド・ポルシェが就いていた。


2/4