OCEANS

SHARE

シャンパンと「2人のPLAY LIST」

ジョーさんが選んだ5曲


1_Harlen Nocturne/
The Lounge Lizards
NY発の先鋭的ジャズバンドが、スタンダードナンバーをフレッシュに蘇らせる。サックスを担当するのがジョン・ルーリーだ。
2_Champagne & Reefer/
The Rolling Stones
ブルースの巨人、マディ・ウォーターズの名曲をストーンズがカバー。2008年発表で大人のシブさ溢れる仕上がり。
3_Rock’n’Roll Star/
Champagne
オランダの男女混声4人組による’70年代のヒット曲。当時流行していたアバの影響が色濃いハッピーサウンドだ。
4_Moonlight Serenade/
Glenn Miller
伝説的ジャズバンドのリーダーが1939年に書いたスウィングの名曲。ムード音楽の定番としてもお馴染み。
5_『ロング・バケイション』/
大瀧詠一
「1曲は選べない」とジョーさんが言う日本ポップスの金字塔アルバム。捨て曲なし。サマー・バケイションのお供に。
 

田中さんが選んだ5曲


1_Bubbles/
Norman Connors
ソウルジャズの名ドラマーによる、人気シングルのB面曲。作曲・編曲を大野俊三という日本人ミュージシャンが手掛けた。
2_Love in C Minor/
Cerrone
フレンチディスコの始祖とも言われるアーティストの1976年作。フロアを盛り上げるキラーチューンとしても有名。
3_Sweet Sticky Thing/
Ohio Players
世界屈指のファンクバンドの傑作アルバムに収録。タイトルそのままの極甘の一曲は、夜のシャンパン用に選曲。
4_Di-gue-ding-ding/
Michel Legrand
映画『シェルブールの雨傘』の劇伴などで知られるフランス音楽界の重鎮。軽快で小粋な音世界が気持ちいい。
5_The Goldberg Variations/
Glenn Gould
強烈な個性で知られたカナダの天才ピアニストの代表作。バッハを独自に解釈した斬新な演奏はもはや哲学の域。
 
玉井俊行=写真(人物) 美馬亜貴子=文


SHARE

オーシャンズ メルマガ