OCEANS

SHARE

2018.01.16

ファッション

自転車通勤の働きマンたちに、このバッグを背負ってもらいたいワケ


本格ロードレーサーからポタリング派まで、サイクリストが多いオーシャンズ世代。通勤も自転車で! なんて働きマンにとって、頭を悩ます問題がスーツをはじめとしたビジネスウェアの取り扱いだ。自転車に乗ると汗も気になるし、シワも気になるし、ビシッと働くためのマインドチェンジがスムーズにいかなかったり……。
バックパックH48×W22×D25cm、広げたときはH48×W101cm 2万6500円/ヘンティ(エムジェーソフト 03-3750-6391)
そんな悩みをスマートに解決してくれるのが、オーストラリアで生まれたこのガーメントバッグ「ヘンティ(henty)」。通常、ガーメントバッグといえば2つに折りたたむものが主流だが、この「ヘンティ(henty)」はクルっと巻いて、なおかつその間に荷物を収納できる別バッグを付属しており、それを背負えるという画期的なデザインを採用している。

バッグの縦横に配置された特殊なプラスチック製プレートと、付属のジムバッグを中心にして巻くことで、収納したスーツなどのビジネスウェアが型崩れせず、シワにもなりにくくラクに持ち運びできる。
ビジネスライクすぎず、カジュアルでスマートなデザインなので、サイクリングウェアなどとのコーディネイトにもバッチリ。本体のガーメント部分の耐水性も高く、急な雨や自転車が跳ね上げる汚れなどからしっかりガードしてくれる。

さらにバッグ本体のロールを開かずに付属バッグの中身の出し入れも可能なので、移動途中でもスムーズに必要なものをサッと取り出せるのもうれしいトコロ。
会社についたらサクッと着替えて、スマートなスーツスタイルにチェンジ! まさに都会生活者にもってこいのガーメントとして、活躍間違いなしなのだ。
 
[問い合わせ]
エムジェーソフト
03-3750-6391
http://mjsoft.co.jp/
文=POW-DER


SHARE

RANKING