2021.08.17
WATCH

1/100万秒まで計った東京五輪の舞台裏。競技を面白くした「オメガ」の活躍

TOKYO 2020 オリンピック。

すべてが異例ずくめのなか、自らを磨き上げ、ほんの僅かな時間差でしのぎを削るアスリートの記録を、我々は当たり前のように目にし、それに感動していた。

瞬時に表示される順位や、誤差なく計測されるタイム、スピード、高さ……。そこには、時計界の“トップアスリート”であるオメガの、オリンピアン並みの努力と工夫の結晶が注ぎ込まれていた。

 

かつてより10万倍の精度を持つタイム計測

都内某所の沿岸に建てられた「オメガ ショーケーシング」。そこではまず、オメガとオリンピックの歴史が出迎えてくれた。

オメガ ショーケーシング
ドラマの裏側に迫るべく、今回はオリンピックのオフィシャルタイムキーパーを務めるオメガの展示施設「オメガ ショーケーシング」に潜入。

オメガが初めてオフィシャルタイムキーパーとなった1932年のロサンゼルス大会から今大会までの進化の歴史が、タイム計測に使われた道具とともに並ぶ。

1932年に初めてオメガが使用したクロノグラフウォッチ。ストイックながら美しい佇まいだ。

では、今から約90年前に行われたロサンゼルス大会では、実際にどんな道具が使われていたかご存じだろうか? 答えはズバリ、ストップウォッチ。

オメガのエンジニアが徹底的に調整した30個のストップウォッチを携えてスイスからロサンゼルスへと赴き、審判に手渡したのだ。

デジタル計測技術が導入される以前は、ゴールにランナーの数だけストップウォッチを持った審判を配置し、それぞれの選手のゴールの瞬間にタイムを止めていた。

当然ながら精度は抜群で、1/10秒単位まで正確に測定可能。中間タイムも記録できるヌーシャル天文台認定のクロノメーターは、各所から大絶賛を浴びたそうだ。

……ん? 1/10秒? そう、当時はこれが最先端。ちなみに、現在のオメガ製最新タイマーでは実に1/100万秒まで正確に計時するから、その精度の“記録”は、当時から10万倍進化していることになる。

NEXT PAGE /

音速の誤差も許さないオメガが目指す、“計る”の最先端

お次はその“最新系”を体感すべく、TOKYO 2020で実際に使われている機器を設置した陸上の擬似トラックへと移動。

実際の短距離トラック競技で使用されるスターティングブロックが設置されていた。

選手はスターティングブロックに足をかけ、ピストルの合図でスタートし、ゴールを目指すわけだが、この数秒の流れの中にはたくさんの驚きが潜んでいた。

スタートの合図に使われるピストル。そう言えば、いつからか運動会でも見慣れた「火薬式」じゃなくなっていたような……。

まずはピストル。

オメガが誇る最新型は、ピストル本体からは音が出ない。なぜなら、音の伝達速度によってピストルに近い選手と遠い選手との間にわずかながら時差が生まれるから。ゆえに最新版は電子式。

引き金を引くことで各選手のスターティングブロック後方にあるスピーカーから音が“再生”されるのだ。と同時に、電子ピストルの作動によってスタート信号が計時装置へと発信。スタートからゴールまで、一貫性のある正確な測定を実現している。

すべてのブロックの後方に、スピーカーが設置されている。

スターティングブロックもオメガ製で、内蔵センサーが圧力を感知。圧倒的な感度と精度を持ち、フライングを探知する。

ゴールラインの両端に設置されているのが「フォトセル」。写真上部の赤いカメラが「フォトフィニッシュカメラ」。

トラックのゴール地点に待ち構えるのは、2段構えの計測機器だ。昔でいう“ゴールテープ”の代わりとなるのが、光線を放射するフォトセル。

先頭の選手が光線を通過すると、そのタイムが瞬時に記録される。ただし、これはあくまで暫定タイム。正式タイムは、ゴール地点を見下ろすフォトフィニッシュカメラが担当するのだ。

コチラが「フォトフィニッシュカメラ」。ちなみに、一般的なビデオカメラで1秒間に30コマ(枚)程度の撮影を行う。

仕組みはこう。1秒になんと1万枚もの画像を撮影し、そのスリット状のデジタル写真を即座に合成。

写真をもとに選手の胴体がゴールをくぐった瞬間を審判が厳密にジャッジし、公式な順位とタイムを決めるのだ。

NEXT PAGE /

情報でスポーツをもっと面白くする

陸上トラック競技だけを見ても、すでに想像の向こう側の領域へと突入するオメガの計時技術だが、今大会からはさらなる秘密兵器が投入された。

その中核を担うのが、モーションセンサーとポジショニングシステムである。簡単にいうと、動作&位置測定機能だ。

左が陸上競技などで選手のウェアなどに取り付けられたタグ。右がオープンウォータースイミングなどで選手がタグを着用する際に使うリストバンド 。

各競技に最適な形で選手に装着されたモーションセンサーが、多数の情報を受信機と交信。

これにより、競技中に選手がどんなコースをどう動き、どう加減速したかがリアルタイムで見られるのである。

こちらは馬術競技でモーションセンサーによって集められた情報を表示した画面。オリンピアンの技術の凄みや勝敗を分けたポイントはどこかを、瞬時に数字で見てとれる。

競泳選手のストローク回数、バレー選手のジャンプの高さ、トランポリンを飛んだ際の身体の姿勢、馬術やセーリングの走行ルートと速度……。

その具体例は枚挙にいとまがなく、この新技術のおかげで、たとえばTV視聴者はより臨場感に満ちた体験ができるようになる。

順位や最終タイムといった結果だけでなく、可視化された選手の細かな動きや競技の流れによって、経過までをより楽しめるようになるのだ。

それはメジャー競技に新鮮な驚きを与え、逆にマイナー競技であればどう楽しむかの手引きにもなるだろう。

オリンピック・パラリンピックには、毎回オメガから数多くのタイムキーパーが参加している。

しかも、TV放送などで表示される情報はこれらの機器によって収集されたもののごく一部に過ぎない。その量は極めて膨大で、約2000種類もの情報を競技中に計測し続けているという。

データのすべてを開示すると視聴者は逆に混乱をきたすだろうが、実はそれらの細かいデータは選手や各競技協会へと渡され、さらなるスポーツ技術の向上にも役立てられているのだ。

カメラやセンサーやモニターなど、もはや時計とはまっとく関係のない方向性に進化を続けるオメガのタイムキーピング。我々としてはありがたい限りだが、オメガはなぜここまでのことを行っているのだろう?

実際に、この日アテンドしてくれた広報担当者はこう話してくれた。

「実際に本国のCEOに尋ねても、この計時技術の向上が腕時計へ還元されることはない、と断言しています。すべては精度の追求のため。その意味では、タイムキーピングも時計と同様に、オメガらしい哲学が流れていますね」。

たったひとつ、変わらないもの

圧倒的ハイテクノロジーの連続に、後ろ髪引かれる思いで会場をあとにする。その際、ある物が目に入った。

最先端技術を駆使した機器だらけのなかで、ひと際存在感を放つ鐘があった。

TOKYO 2020の印とともに、オメガのロゴが刻まれたラストラップベルだ。

選手に最後の一周であることを伝え、ラストスパートを促すこの鐘だけは、今も昔と変わらない製法を用い、スイスの職人が一つひとつ鋳型に流し込んで製造されるという。

精悍な姿の鐘から高々と鳴らされる音には、選手が“ラストラップ”に至るまでの膨大な時間と努力に報いる最高の舞台を用意するという、オメガの変わらない想いを感じる美しさがあった。

 

増山直樹=取材・文

# オメガ# TOKYO 2020# スポーツ# 東京オリンピック・パラリンピック
更に読み込む