「街角パパラッチ&家」特集 Vol.41
2021.08.16
WATCH

シンプルな見た目に高機能を宿すハイスペック時計。そのギャップにイチコロ

高度な技術が生み出した機構、ほかにはないマテリアル、圧倒的な信頼性。

語るに値するハイスペックなファクターが、時計選びの決め手になる。

 

1950年代の空気を伝えるジュネーブシール取得モデル

抗えないギャップにイチコロ。シンプルな見た目とは裏腹にハイスペックな機構を宿す高性能ウォッチ
腕時計 SSケース、40mm径、自動巻き。283万8000円/ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755、ニット2万7500円/コム デ ギャルソン・オム ドゥ(コム デ ギャルソン 03-3486-7611)、中に着たTシャツは私物

VACHERON CONSTANTIN
ヴァシュロン・コンスタンタン/フィフティーシックス・コンプリートカレンダー

1956年に発表された、ブランド初の自動巻きキャリバー搭載モデル「リファレンス6073」をリバイバルさせた「フィフティーシックス」のコンプリートカレンダーモデル。

ポインターデイト、小窓による曜日と月、高精度ムーンフェイズを備えたジュネーブシール取得のキャリバーを搭載する。ブランドを象徴するマルタ十字モチーフのラグ、ボックス形のサファイアクリスタル風防など、ディテールまで味わい深い。

レトロモダンなテイストは着用するシーンを選ばない。

 

革新的マテリアルの競演による究極のタフネス

BMG-TECHケース(カーボテックベゼル)、47mm幅、自動巻き。184万8000円/パネライ(オフィチーネ パネライ 0120-18-7110)

PANERAI
パネライ/サブマーシブル BMG-TECH-47mm

パネライが独自に開発したきわめて高い耐食性、剛性、耐衝撃性、耐磁性を持つバルク金属ガラス由来のBMG-TECHをケース素材に採用。逆回転防止機能付きベゼルは、カーボンファイバーをベースとする複合素材で、ひとつとして同じ表面模様がないことも特徴のカーボテック製。

ふたつの革新的なマテリアルが初めて組み合わされ、かつてないタフさと軽量性を兼備した300m防水のプロフェッショナルダイバーズが完成した。

 

御神渡りを着想源とするスプリングドライブ搭載機

SSケース、38.5mm径、スプリングドライブ。93万5000円/グランドセイコー(グランドセイコー専用ダイヤル 0120-302-617)

GRAND SEIKO
グランドセイコー/SBGY007

水晶振動子とICによる精度調整機構と、輪列によるゼンマイ駆動を融合させた手巻きスプリングドライブキャリバーを搭載。この独自機構の製作を担う「信州 時の匠工房」に程近い諏訪湖では、冬場、気象条件が整ったときだけ全面凍結した湖面に数kmに及ぶ氷堤が出現する。

神が渡った跡と信じられてきたこの“御神渡り”を着想源とする独特な質感の透明感溢れるダイヤルの魅力を、スプリングドライブならではのスイープ秒針が、神秘的に引き立てる。

NEXT PAGE /

自社ムーブメントを伝統のアイコンモデルに初搭載

SSケース、42mm径、自動巻き。41万8000円/ボーム&メルシエ 0120-98-8000

BAUME&MERCIER
ボーム&メルシエ/リビエラ ボーマティック 10616

5日間のパワーリザーブ、日差−4〜+6秒の高精度、1500ガウスの耐磁性、5年に一度というロングメンテナンスサイクルなど、多くのメリットを備え2018年にデビューするや、高い評価を得た自社製自動巻きキャリバー「ボーマティック」。

これを1973年の誕生からアップデートを重ねて第5世代となった、12角形ベゼルが特徴の「リビエラ」に初搭載した。クールなブルースモークサファイアダイヤルから、このキャリバーが覗ける趣向も心憎い。

 

ミニマルな機能美が際立つトラベラーのための腕時計

チタンケース、42mm径、自動巻き。101万2000円/ポルシェ デザイン(ノーブルスタイリング 03-6277-1604)

PORSCHE DESIGN
ポルシェ デザイン/1919 グローブタイマー UTC

ポルシェ911を設計したことで知られるF・A・ポルシェが設立したポルシェ デザイン。そのタイムピースは、無駄を排したミニマルな機能美で知られる。

協定世界時を意味するUTCを冠したこのモデルは、5本のセンター針により時分、秒、日付、第2時間帯を表示。9時位置に現地時刻と連動した昼夜表示も。さらに第2時間帯を示す24時針は、プッシャーで1時間ずつ前進、後退が可能だ。

利便性と端正なスタイルが融合し、COSC取得の高精度キャリバーも搭載する。

 

画期的な自社ムーブメントを小ぶりなケースに搭載

SSケース、41.5mm径、自動巻き。37万4000円/オリス(オリスジャパン 03-6260-6876)

ORIS
オリス/アクイスデイト キャリバー400

昨年発表された自社製キャリバー400。ツインバレルによる5日間のロングパワーリザーブを持ち、シリコン製アンクルとガンギ車をはじめ、30以上のパーツに非磁性素材を使用して高耐磁性を実現。日差−3〜+5秒の高精度や、メンテナンスサイクルも10年など、信頼性も高い。

本作はこのキャリバー400を41.5mmケースに搭載した300m防水ダイバーズ。逆回転防止機能付き回転ベゼルは耐傷性に優れるセラミックス製となっている。

 

スマホ連携のソーラー電波ムーブメントを旗艦シリーズに初搭載

チタニウムケース、38mm径、多周波電波式ソーラー。17万9300円/ユンハンス(ユーロパッション 03-5295-0411)

JUNGHANS
ユンハンス/マックス ビル メガ ソーラー

ユンハンスは、実は電波時計の先駆者にして、ソーラーウォッチにも1980年代から取り組んできた実績を持つ。

その成果というべき最新の5局受信(日本2局、独、英、米)のソーラー電波ムーブメントを、バウハウスデザインで人気の「マックス・ビル」シリーズに初搭載。スマホ連携による時刻受信システムや、永久カレンダー機能も備える。

通常のクオーツと異なり、1/2秒ずつ運針する機械式を思わせるような秒針の動きも興味深い。

 

※本文中における素材の略称:SS=ステンレススチール

須藤敬一=写真 梶 雄太=スタイリング 飯嶋恵太(Mod’s Hair)=ヘアメイク 柴田 充、まつあみ 靖、増山直樹=文

# ヴァシュロン・コンスタンタン# グランドセイコー# パネライ# ハイスペック# 腕時計
更に読み込む