「ウェルネス&腕時計」特集 Vol.83
2021.07.31
WATCH

品質も環境も保持する。「IWC」の“ペーパーベルト”に感じる、ある種の必然

この春、オンラインで開催された時計の祭典「ウォッチズ&ワンダーズ 2021」では、華やかな新作の発表以外にも最新技術やトレンド、ビジネスといった時計に関わるさまざまなテーマでパネルディスカッションが開催された。

それは合同イベントそのものの進化を印象づけるとともに、テーマのひとつに、環境保全に対するブランドの社会的責任について取り上げ、時計産業においてもこの問題が大きな課題であることを明確にした。

IWCが発表した「ティンバーテックス・ストラップ」もそうした時代の要請に応えるものだ。

従来の品質を維持し、環境も保持する。「IWC」が発表した“手作業のペーパーベルト”とは
「ティンバーテックス・ストラップ」天然素材と植物由来の染料によって自然なきめを生じ、同じものはひとつとしてない。2万900円 ※ベルト単体での価格となります。時計は別売り/IWC シャフハウゼン(IWC 0120-05-1868)、Tシャツ8万5800円、デニム9万4600円[ともに予価]/ともにプラダ 0120-451-913

従来のレザーに代わる紙素材を採用し、その80%が天然の植物繊維でできている。Forest Stewardship Council(FSC:森林管理協議会)の認証を受けたトレーサビリティ(流通)可能なヨーロッパの木材からセルロースを抽出し、伝統的な製紙技術によってイタリアで製造され、着色にも植物由来の染料が使われる。

60以上の製造工程があり、快適性を高めるために再生マイクロファイバーを詰め、再生糸を用いて専門職人の手で仕上げを施す。上質な見た目と柔らかくしなやかな質感を両立し、従来と比べても遜色ないばかりか、高い耐久性と防水性も備えるのだ。

IWCのような質実剛健なイメージのブランドが舵を切ったのも時代の趨勢かもしれない。しかしかつてライン川を利用した水力発電によって創業したブランドの歴史を振り返れば、こうした自然への慈しみと共生に意外性はない。

 

TAKAY、竹内裕二(BALLPARK)=写真 熊谷隆志、梶 雄太=スタイリング 池上 豪(NICOLASHKA)、飯嶋恵太(Mod’s Hair) =ヘアメイク 柴田 充、髙村将司、オオサワ系、まつあみ 靖、戸叶庸之=文

# IWC# ベルト# 腕時計
更に読み込む
一覧を見る