「ウェルネス&腕時計」特集 Vol.77
2021.07.14
WATCH

「タグ・ホイヤー」の進化の現在地。新作アクアレーサーが示したアーカイブの価値

タグ・ホイヤーは、モーターレーシングと深く関わり、その世界観をブランドのイメージに重ねてきた。シンボルのひとつが1969年初出の「モナコ」である。

左リュウズを採用したアバンギャルドなこのタイムピースを、名優スティーブ・マックイーンが映画『栄光のル・マン』で着用していたエピソードはあまりに有名。

だが「モナコ」にはサーキットだけではない、革新的な技術も投入された事実が存在する。

革新的な進化を続ける「タグ・ホイヤー」。その現在地を示す新作ダイバーズウォッチとは
1978年に発売された初のダイバーズウォッチ「ホイヤーRef. 844」。トリビュートモデルは、赤い24時間目盛りに、シンボルの八角形に変えたパンチラバーストラップを採用。蓄光塗料も経年変化した色合いを再現した。

世界初の自動巻き式クロノグラフムーブメントを搭載したことで名高い「モナコ」だが、もうひとつの革新性は世界初の角形防水時計ということだ。

丸形と比較して角形ケースの場合、防水性能のキモである気密性を高めることはきわめて難しい。それをタグ・ホイヤーは高い技術力を持ってなしえたのである。

だが’70年代、クオーツショックによってスイス時計全体が深刻な不況に陥った。

タグ・ホイヤーは新たなスタートとしてこれまでのモーターレーシングに加えて、ダイバーズ分野に本格進出し、’78年にはこれまでのノウハウを活かしたブランド初のダイバーズ「Ref. 844」を発表した。

2004年にはついに初代「アクアレーサー」が誕生。’15年には現行シリーズへと熟成を重ねている。

NEXT PAGE /
[アクアレーサー プロフェッショナル300 Ref. 844 トリビュート]世界限定844本。チタンケース、43mm径、自動巻き。51万7000円/タグ・ホイヤー(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー 03-5635-7054)

新作は、アイコンである12面カットのベゼルにセラミックスのインサートを備え、側面には滑り止めのノッチを入れた。

そしてカレンダーは6時位置に移すとともに、拡大鏡を風防の内側に設け、表面の凹凸をなくすことで破損も避けられる。

さらに特筆すべきは、防水性能を損なうことなく、ケースやブレスレットを薄型化し、ショートラグで軽快な装着感を増したことだ。シャツの袖にも収まり、普段使いにも応える。

常に海を腕元に感じ、スポーティかつヘルシーに過ごしたいという時代感覚に応えるのだ。

 

作木正之介=写真 柴田 充、髙村将司、オオサワ系、まつあみ 靖、戸叶庸之=文

# タグ・ホイヤー# ダイバーズウォッチ# 腕時計
更に読み込む
一覧を見る