Watchの群像劇 Vol.52
2021.06.06
WATCH

Tシャツ&デニムのアップグレードは「ハリー・ウィンストン」の腕時計で総仕上げ

角を落とした八角形ケースは、ブランド創始者がこよなく愛したエメラルドカット・ダイヤモンドのシルエットを象る。

このフォルムは、ブランドロゴにも用いられるハリー・ウィンストンのアイコンであり、シンプルながらも強い存在感が漂う一本だ。

HARRY WINSTON
ハリー・ウィンストン/HW エメラルド 33mm

大人の余裕を感じる「ハリー・ウィンストン」の腕時計×Tシャツ・デニムのシンプルスタイル
K18ローズゴールドケース、縦39.3×横33.3mm、クオーツ。181万5000円/ハリー・ウィンストン 0120-346-376

面取りされたサンレイ仕上げのシルバーダイヤルには、ロゴと上下対称の八角形日付窓が鎮座。クオーツムーブメントを搭載することで実現した厚さ6.72mmの薄型ケースは、洗練されたダイヤルデザインと相まって、いっそうドレッシーな仕上がりに。

Tシャツ&デニムをアップグレードせよ

腕時計181万5000円/ハリー・ウィンストン 0120-346-376、Tシャツ7万9200円、デニム8万3600円、スニーカー12万1000円/すべてブルネロ クチネリ(ブルネロ クチネリ ジャパン 03-5276-8300)

これからの季節、白Tとデニムの出番が多くなる。しかし若い頃と同じでは成長がない。重ね着仕立てのTシャツやデニムもテーパードシルエットを選ぶのがヒネリ技だ。

腕元にハリー・ウィンストンのドレスウォッチを合わせれば、ラグジュアリーかつ大人の余裕を感じさせる。

 

※本文中における素材の略称:K18=18金

 川田有二=写真 石黒亮一=スタイリング yoboon(coccina)=ヘアメイク 柴田 充=文

# ハリー・ウィンストン# Watchの群像劇# ドレスウォッチ# 腕時計
更に読み込む
一覧を見る