2021.02.12
WATCH

40年の時を経て蘇るティソのPRシリーズ。パワーアップした点を諸々レポート

1970年代は、“クオーツの時代”といっても過言ではないほど、クオーツ式ムーブメントを搭載した時計が世を席巻した。

なかでもスポーティなルックスで人気を博したのがティソのPRシリーズだ。

そんな名作が現代的アレンジをこしらえて蘇るらしい。

SSケース、40mm径、クオーツ。5万円/ティソ 03-6427-0366

こちらがウワサの新作「ティソ PRX」だ。名前の“PR”は、当時のコンセプトであった“Precise and Robust(高精度かつ堅牢)”を意味し、“X”は10気圧防水性能を表している。

デザインは、1978年に発売されたモデルをベースに、ケースと一体化させたブレスレット、シャープなインデックスでミニマムに仕上げている。

わずか10.4mmという薄さだ。

そしてケースサイズは40mm径とし、使いやすさも追求。

ケースとブレスレットの表面をサテン仕上げで統一させていることもポイント。ケースの中央では、ポリッシュ仕上げを施したベゼルがまばゆい光沢を放つ。

人間工学に基づいて設計されたブレスレットはフィット感に優れる。そして両開きタイプのバタフライバックルが付いているため使い勝手も抜群だ。

ブルーダイヤルのほかに、ブラックダイヤル、シルバーグレーダイヤルをラインナップ。SSケース、40mm径、クオーツ。各5万円/ともにティソ 03-6427-0366

2月26日(金)の発売に先立ち、ティソ公式オンラインストアと全国のティソ直営ブティックでは、2月25日(木)まで先行予約を受付中。予約特典としてオリジナルノベルティが進呈される。

40年以上の時を経て蘇るティソの意欲作は、現代にも通じるミニマムさが魅力。これからもその普遍性は変わらないはずだ。

 

[問い合わせ]
ティソ 
03-6427-0366
www.tissotwatches.com

# ティソ# 腕時計
更に読み込む