時器放談 Vol.20
2020.11.23
WATCH

セイコーのTVウォッチやオメガを使っていたスパイは誰? 答えは…簡単ですよね?

「時器放談」とは……

さまざまな映画やドラマから“格好いい”を学んだ記憶がある人、多いはず。そんな人たちに向けた企画が進行中。

論客はもちろんこの2人。広田雅将さん(左)と安藤夏樹さん(右)。

今回のテーマは前回に続き映画『007』シリーズの主人公、ジェームズ・ボンド。後編は日本ブランドであるセイコーと、現在のボンドウォッチ・オメガについて。

>1人目『男はつらいよ』車寅次郎編はこちら

 

ボンドにも認められた日本時計、セイコー

安藤 ボンドウォッチを語るうえで、もうひとつの神回が1983年公開の『007/オクトパシー』。これも、ロジャー・ムーア主演作品です(もうひとつの神回はこちら)。

広田 その見所はどのあたりなのでしょう?

安藤 何と言っても、日本のセイコーが誇るデジタルウォッチ「デジボーグ」が登場するんです。

広田 1980年代に出たものですね。確かアラーム、タイマー、デュアルタイム表示、ストップウォッチ、ライトなど多機能なモデルとして一世を風靡した。

安藤 そうです。この「デジボーグ」にはさまざまなモデルがあるんですが、ボンドが着用した時計がいちばん格好いい。

広田 馬蹄型のショックアブソーバーが付いているモデルですね。確かに、今見ても格好いいですね。

安藤 そして、神回たる所以はもうひとつ。

広田 何でしょう?

安藤 セイコーの「テレビウォッチ」が登場するんですよ。劇中ではずっと「デジボーグ」を着けているんですが、また例によってQがいる研究所でこの時計とリンクする装置の説明なんかがあり、そこでふとボンドが横に置いてある時計に「これは何だ?」と気付くんです。

広田 世界初の液晶画像表示方式によるテレビ付き腕時計ですね。

安藤 そうです。するとボンドがカメラを研究室にいる女性の胸の谷間に向け、テレビウォッチの画面上で楽しんでいるとQから「真面目にやれ!」みたいなツッコミが入る。

と、ここまではボンドウォッチ好きの人が知っている内容なんですが……。

広田 え、なんですか!?

安藤さんが所有するセイコーの「テレビウォッチ」。

安藤 実は劇中で登場する「テレビウォッチ」は発売前のプロトタイプで、実際に販売された製品とは仕様が異なるものでした。

たぶん、『007』関係者が記者発表か何かでその存在を知って、発売を待たずして採用に踏み切ったのではないかと。

広田 時代の最先端を巧みに取り入れて映画を作る。『007』シリーズが人気作品であり続けるのは、そうした細かな作り込みも影響しているんでしょうね。

安藤 たかが小道具、されど小道具。映画制作においてはキャラクターの作り込みとも並ぶ重要なものですからね。制作陣の熱量の高さを物語っていると思います。

NEXT PAGE /

最新のボンドウォッチに熱い視線が注がれるワケ

今年の4月に公開を控えていたシリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、世界中を襲ったパンデミックにより公開が11月に延期。そしてつい先日には日本公開は来春に延期されることが決定した。

そんな中、一躍脚光を浴びているのが25作目のボンドウォッチとして登場するオメガの「007 エディション」である。

広田 近年では『007』といえばオメガと言えるほどそのイメージが定着しましたね。

安藤 ピアース・ブロスナンが主演する1987年公開作『007/ゴールデンアイ』からオメガが採用されていますが、正直に言うと、このあたりから映画と企業のタイアップ感が強くなってしまいました。それに、彼の華奢な印象にオメガの時計がピンとこなかったんです。

広田 確かに。でもそれが、ダニエル・クレイグが主演するようになってから、とてもしっくりきていますよね。

安藤さんのインスタでも紹介している「007 エディション」。

安藤 いかにも軍人が着けていそうなマッチョな雰囲気がとても馴染んでいる。そして、25作目のために開発されたモデル「シーマスター ダイバー300 コーアクシャル マスター クロノメーター 007 エディション」が本当に格好いい。

広田 確かにこの時計は格好いいです。かつて英国空軍が使っていたアローマークを採用している点やエイジングされたような佇まいも、いい意味で朴訥とした表情でしっかり重厚感もある。

安藤 ボンドウォッチとしての臨場感を増してきているのには、ダニエル・クレイグと一緒に開発しているからだと聞きます。ボンドにはどんな時計が相応しいのか、彼も真剣に考え意見を出し合っているそうです。

広田 通常なら映画と市販モデルは仕様が異なるのが通例ですが、今回の「007 エディション」は劇中そのままのモデルが市販化さている。従来モデルと明らかに違う点ですね。

確かにこれまでは市販化するときに、針に「007」と入れたり映画を意識しすぎたデザインなど、妙に記念品ぽくなっていた傾向がありましたね。

安藤 そう、購入したばかりの時は熱もあって盛り上がるんだけど、時間が経つと夢から冷めてしまうというか。でも、今回のモデルは本当に格好いいんです。ケースもチタン製だし、実用性も申し分ありませんね。

マーケティングされてしまったボンドウォッチにはある種の難しさがあったというか。そういう意味では、オメガは次のフェーズに来たという感じはありますね。

広田 とても素晴らしいボンドウォッチだと思いますね。

安藤 あとはこの時計にどんなスパイ機能が備わっているのか。公開が待ち遠しい!

 

次回もお楽しみに!

「時器放談」とは……
マスターピースとされる名作時計の数々。毎回、こだわりの1本を厳選し、そのスゴさを腕時計界の2人の論客、広田雅将と安藤夏樹が言いたい放題、言葉で分解する。上に戻る

鳥居健次郎=写真 安部 毅=文

# 007# ジェームス・ボンド# ボンドウォッチ# 時器放談
更に読み込む