2020.09.21
WATCH

キャンプ、釣り、登山。山遊びを助けるエキスパート腕時計を選抜!

「趣味時計」とは……

専用機能を備えたエキスパートウォッチは、時間を知るだけでなく、スポーツやレジャーをより快適に楽しませてくれる男の遊び道具だ。

そしてときには、不測の事態への備えになるかもしれない。

特に日常とは異なるアウトドアではその役割も増す。そこで山を舞台にした登山、釣り、キャンプの3つのシーンで活躍してくれるモデルを紹介しよう。

 

for アルピニスト
シチズン/プロマスター エコ・ドライブ アルティクロンBN4046-10X

SSケース、エコ・ドライブ、46mm径、20気圧防水。7万1000円/シチズン 0120-78-4807

登山やトレッキングを目的としたエキスパートウォッチは、高度計や方位計が標準的な装備になる。

だが液晶ディスプレイは、多機能を表示できてもその切り替え操作が複雑だったり、厳しい直射日光や氷雪、暗所では瞬時に読み取りづらいことも多い。そこでこの時計は、高度計と方位計をデジタルではなく、アナログの針で表示。

高度計は、サブダイヤルで1000m単位、センターサークルで100m単位、文字盤外周で2.5m単位を表示し、海抜-300mから10000mまで計測できる。特別な操作をすることなく、常に時刻と高度を同時に把握できるのだ。

また方位はセンターサークルの短針で表示し、高度計とのモード切り替えもケース左側に設けた上下のボタンを押すだけの簡単な操作だ。

さらに-20℃でも駆動する寒冷耐久仕様も心強い。アウトドアでの優れた使い勝手とともに、整理された文字盤は多針でも視認性も優れ、実力を秘めたカーキグリーンは街でもマウンテンフィールドでも腕元に映えるはずだ。

NEXT PAGE /

for アングラー
カシオ/プロトレックスマート WSD-F30-BU

樹脂/Tiケース、Wear OS by Google、53.8mm径、5気圧防水。6万1000円/カシオ(カシオ計算機 03-5334-4869)

スマートウォッチは、腕時計の枠を超えたデジタルデバイスとして大きな可能性を拓く。「プロトレックスマート」は、こうしたスマートウォッチの機能性をアウトドアでのアクティビティに特化し、多彩な遊びのシーンをサポートする。

シリーズ最小、最薄のケースはフィット感に優れ、終日着用してもストレスを感じさせない。また省電力設計に加え、用途に応じた最適のバッテリーモードを選ぶことができる。そしてスマートウォッチ本来のポテンシャルを最大限に引き出すのが、充実したアプリだ。

自分だけのフィッシングスポットの地図上での記録や、釣れ時を知らせるオリジナルアプリのほか、世界中のフィッシングポイントや、釣果や写真などの情報をシェアできる、世界一の規模を誇る釣り愛好家のコミュニティベースの釣りアプリ「Fishbrain」なども対応する。

もちろん釣りばかりでなく、トレッキングやスキーなど好奇心の数だけさまざまな山遊びにも応えてくれるのだ。

 

for キャンパー
ビクトリノックス・スイスアーミー/I.N.O.X. カーボン LE

カーボン複合素材ケース、クオーツ、43mm径、20気圧防水。15万5000円/ビクトリノックス・スイスアーミー(ビクトリノックス ジャパン 03-3796-0951)

キャンプで不可欠なツールがナイフだ。実用的なだけでなく、扱い方に習熟すればするほど、まるで身体の一部のように手放せなくなる。このナイフをベースにするマルチツールで、男の冒険心を育んできたのがビクトリノックスだ。

そしてそのスピリッツは時計にも貫かれる。「I.N.O.X.」は、.2014年の創業130周年を記念し、130種にも及ぶハードな試験をクリアし完成。圧倒的なタフネスとともに、サバイバルツールのコンセプトを象徴するのがパラコードストラップだ。

これは、アメリカ軍規格に準拠し、パラシュートのサスペンションラインに使用される7本の糸をハンドメイドで編み込む。

250kgの耐荷重という強度を持ち、さらに緊急時にはこれを解くと、長さ90cmの2本のナイロンロープになり、シェルターを張ったり、漁網にしたり、火を熾すなど発想次第で無限に活用できる。

実際に使う機会はないことを願うが、その安心感がキャンプシーンでの信頼となり、さらに愛着が湧く。

「趣味時計」とは……
時計が趣味だというのは当たり前。もはや時計は趣味の頼れるサポーターでもある。海で山で街で、はたまた家で。時計と一緒に、趣味の時間をもっと遊んドケイ!上に戻る

柴田 充=文

※本文中における素材の略称は以下のとおり。SS=ステンレススチール、Ti=チタン

# レジャーウォッチ# 腕時計
更に読み込む