ミリタリーウォッチ ブートキャンプ Vol.11
2020.09.16
WATCH

英・独・仏海軍から米軍特殊部隊まで。ひと味違う軍用ダイバーズ時計6選

「ミリタリーウォッチ ブートキャンプ」とは……

超プレミア価格で取引されているロレックス「サブマリーナー」の軍用モデルを筆頭に、ヴィンテージの世界でも根強い人気があるダイバーズウォッチ。

その人気の源流となったのが、1936年に登場したパネライの防水時計「ラジオミール」で、1960年代に入る頃から、自動巻き式ムーブメントを備えた軍用ダイバーズが次々と登場する時代が幕を上げる。

軍用ダイバーズの申し子、オメガ「シーマスター 300」の勇姿。

機能美という言葉だけでは片付けられない“固有のデザインコード”を楽しめる6本を厳選した。

 

1.オメガ シーマスター300 イギリス陸軍 W10

まずは王道の1本から。1960年代後半から1970年代初頭にかけて、イギリス海軍と陸軍に支給されたオメガの「シーマスター 300」は、ミリタリーウォッチきっての超人気モデルのひとつに数えられる。

「オメガ シーマスター300 イギリス陸軍 W10」1967年支給、SSケース、40mm径、自動巻き。600万円前後(実勢価格)/キュリオスキュリオ 03-6712-6933

人気や知名度に反比例して、流通数は非常に少ない。なかでも陸軍用のサードモデルは、実物を目にする機会はほとんどないと言われる幻の1本らしい。リファレンスナンバー(識別番号)は、「CK 165.024」が正解だ。

ベイクライト製のブルーベゼル、極太のインデックスや針などのダイバーズに適した骨太なディテールには、問答無用の格好良さが感じられる。

裏蓋のマーキングで注目すべきは、最後の段に後書きされた「A /」。この部分だけあとから追記されているのだが、はじめから刻印されているタイプも存在するそうだ。

フェイクが蔓延しているため、購入の際は入念なチェックが必要だ。ロレックスの軍用モデル然り、真贋を見極めるには、相当な知識と経験が必要となる。一世一代の勝負には、万全の準備を整えて臨みたい。

NEXT PAGE /

2.ブランパン フィフティ ファゾムス 西ドイツ海軍 BUND

続いて登場するのは、1970年代に西ドイツ軍に納入されたブランパン「フィフティ ファゾムス」。

1950年代の初期モデルと比較すると、仕様を大きく変更していることがすぐにわかる。

「ブランパン フィフティ ファゾムス 西ドイツ海軍 BUND」1970年代、SSケース、41.5mm径、自動巻き。100万円前後(実勢価格)/キュリオスキュリオ 03-6712-6933

この時計を使用していた部隊は、長時間潜水する任務をこなしていたことから、ベゼルには目盛りが一切ない。

文字盤に赤でプリントされた「3H」のマークは、3層水素、つまりはトリチウムを夜光塗料に使用していることを意味する。

骨太なパーツ類からダイバーズらしい雰囲気が滲み出ている。

41.5mm径、厚さの15mmのケースは、現代の時計に通じるサイズ感。薀蓄を噛みしめるのも、肩肘をはらずにデザインを楽しむのも、そのどちらにも正しい選択である。

NEXT PAGE /

3.ドロー オーストラリア海軍 R.A.N. スーパーコンプレッサー ダイバーズ

1950年代にダイバーズウォッチの発展に大きく貢献した専用ケースがある。

ケースメーカーのEPSA社が開発した「スーパーコンプレッサー」は、錚々たる時計ブランドに支持されることで、1955年の登場以来、長期にわたりダイバーズウォッチの市場を席巻。

軍用ダイバーズでも、多くのモデルが採用していたことで知られている。

「ドロー オーストラリア海軍 R.A.N. スーパーコンプレッサー ダイバーズ」1960年代、SSケース、42mm径、自動巻き。50万円前後(実勢価格)/キュリオスキュリオ 03-6712-6933

1960年代にオーストラリア海軍に納入されたドローのダイバーズウォッチは、ロンジンの「レジェンドダイバー」と同型の42mm径のケースを採用。

ケースバックには、「R.A.N.(Royal Australian Navy)」とシリアルナンバーが刻印される。

「スーパーコンプレッサー」は類まれな防水性能と、2時位置のリュウズの操作から、インナーケースのベゼルを回すことで潜水時間を測定できるのが特徴。

文字盤は、2つの種類がある。こちらはカレンダー機能が付かないタイプで、レアさではカレンダー表示付きを上回る。

NEXT PAGE /

4.アウリコスト フランス海軍 ダイバーズウォッチ スピロテクニーク

ヴィンテージウォッチの経年変化が、ちょっと苦手かも? そんなニーズにしっかり応えてくれる、“ポストヴィンテージ世代”と呼ばれる1990年代から面白い1本を紹介したい。

「アウリコスト フランス海軍 ダイバーズウォッチ スピロテクニーク」1990年代、SSケース、41.5mm径(ベセルまでを含む)、自動巻き。40万円前後(実勢価格)/キュリオスキュリオ 03-6712-6933

フランスのダイビング専門会社スピロテクニークは、トリトン、スクワーレ、ドクサ、タグ・ホイヤー、アウリコストの5社に製造を依頼し、社名を冠したダイバーズウォッチをリリースしてきた。

フランス海軍に納入されたアウリコストのモデルは、まるで鉄の塊のようなごつごつした堅牢なケースが自慢。コラボレーションの証として、文字盤には、両社のロゴとダイバーのマークがプリントされている。

ねじ込み式のケースバックとリュウズを採用することで、200mmの防水性能を実現。ハイビートの自動巻きムーブメントを搭載するなど、パフォーマンスの面でも秀でている。

時計を裏返すと、後から打ち直されたマーキングのほか、4時位置の大きなリュウズを確認できる。

市販品と軍用モデルにスペックでの差はないが、ケースの側面、あるいは裏蓋に、支給番号が刻印されている点が、軍用モデルの特徴だ。

NEXT PAGE /

5.CWC イギリス海軍 ダイバーズ オートマチック

オメガやロレックスが築き上げたイギリス海軍のダイバーズウォッチの系譜に、“第3の顔”としてその名を連ねるブランドのが、CWC(カボット・ウォッチ・カンパニー)である。

「CWC イギリス海軍 ダイバーズ オートマチック」1981年製、SSケース、40mm径、自動巻き。90万円前後(実勢価格)/キュリオスキュリオ 03-6712-6933

ファーストにあたる1981年の自動巻きモデルは、オメガ「シーマスター300」の軍用モデルのスペックコードである「923-7697」を引き続いている。登場後、すぐにクオーツ製に生産を切り替えたため、製造数は極めて少ない。

イギリス軍用モデルに共通する、ベゼルの全周に刻まれた目盛りに注目!

こうしたバックストーリーにも惹かれるが、いちばんの魅力はイギリス軍用モデル固有のデザインコードにあると思う。

3、6、9のアワーマーカーを中心にした文字盤を取り巻くディテールの数々は、シンプルで機能的なダイバーズであることを自ずと語る。

NEXT PAGE /

6.ベンラス ミリタリー 米軍特殊部隊 タイプⅡ クラスA

ベンラス「タイプⅡ クラスA」は、1970年代後半にアメリカの特殊部隊、SEALのほか、陸軍特殊部隊、陸軍レンジャー部隊、CIA海洋部隊にも支給された伝説的な軍用ダイバーズウォッチ。

ブランドロゴ、モデル名どころか、文字要素が一切入らない文字盤、アメリカ軍ならでの仕様であるマット仕上げのステンレスケースは、骨太なテイストをことさら強調する。

「ベンラス ミリタリー 米軍特殊部隊 タイプⅡ クラスA」年代、SSケース、39mm径、自動巻き。40万円前後(実勢価格)/キュリオスキュリオ 03-6712-6933

先に製造を開始した「タイプⅠ クラスA」との違いは、文字盤を見るのが手っ取り早い。こちらのモデルでは、24時までのアワーマーカーが入る。

裏蓋がいないワンピース構造のケースの内部には、もうひとつのケースが搭載されている。

正直に言うと、時計が重いことに加え、付け心地はお世辞でもお世辞にも良いとは言えないが、そんな不器用な部分まで愛せたら、この時計は人生の相棒として寄り添ってくれるかもしれない。

誤解を招かないように伝えておくと、ヴィンテージウォッチの場合、防水設計のケースでなければ、防汗すら危うい時計が多いことは紛れもない事実だ。たとえダイバーズウォッチでも、水中に潜ったら故障の原因になりかねない。

つまり、ここでは重要なことは、機能の優劣についての話ではない。当時の技術でしか作り出せない雰囲気やテイストをとことん味わい尽くすのが、ヴィンテージの嗜みであり、ここでの正解なのだと考えよう。

 

[取材協力]
キュリオスキュリオ
住所:東京都港区南青山4-26-7 +8ビル 302
電話:03-6712-6933
営業:15:00~20:00 月・火曜定休
https://curious-curio.jp

「ミリタリーウォッチ ブートキャンプ」とは……
軍用を出自とするミリタリーウォッチは、国や時代、用途などによって驚くほど奥が深い。そんな一朝一夕には語れない世界に飛び込む“新兵”へ向けた短期集中訓練(ブートキャンプ)。
上に戻る

※本文中における素材の略称:SS=ステンレススチール

戸叶庸之=編集・文

# ダイバーズウォッチ# ビンテージ# ミリタリーウォッチ
更に読み込む