この夏、あれもしたいし、コレも欲しい! Vol.36
2020.08.22
WATCH

散財王・安藤さんとOCEANS時計担当が初対談! テーマは「ブラッシュアップ」された新作ウォッチだ

各社の花形であるマスターピースに多く見られる変化は、ちょっとした“ブラッシュアップ”だ。ではその違いとはいったい?

僕らを大歓喜させるその本質を時計を主戦場とする編集者、安藤夏樹さんとともに明らかにしていこう。

賢者が教える! マスターピース放談

編集者 安藤夏樹さん Age 45
1975年、愛知県生まれ。ラグジュアリー誌の編集長を務めたのちフリーランスに。当時よりスイスの時計見本市を取材。「散財王」を目指し、時計、家具、服を日々ゲット&リサーチ。
OCEANS時計担当 藤井健人 Age 32
1988年、静岡県生まれ。「ムーブメント!? 何それ。美味しいの?」というズブの素人が、今や約10年間高級時計を見続ける。初めて手にした時計は両親に買ってもらったベイビーG。

 

IWC アイ・ダブリュ・シー/ポルトギーゼ・クロノグラフ
腕時計SSケース、41mm径、自動巻き。79万5000円/IWC 0120-05-1868、ニット2万4000円/ドルモア(ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623)

バーガンディのダイヤルカラーで元祖“大ぶり”の魅力が再燃
IWC
アイ・ダブリュ・シー/ポルトギーゼ・クロノグラフ

1998年の登場から大ぶり時計の人気に火をつけた縦2つ目クロノのロングセラー。ポルトガル商人がマリンクロノメーターの精度を求めてオーダーしたというストーリーも大ぶりである理由を裏書きする。ブランドを代表するモデルを複数持つIWCにおいても、特にアイコニックな存在だ。

昨年自社キャリバーに改められた新型に、今年はバーガンディのダイヤルカラーがラインナップ。薄いベゼルに広く取られたダイヤルいっぱいに、妖艶な輝きを放つ。

藤井 新作の中で、今年特に目についたのは、マスターピースの変化です。

安藤 マスターピースを定義するなら、ブランドを代表するような、アイコニックな存在ですかね。もっと具体的に条件を整理すると、大きく3つのことがいえると思います。まずは、時代やシーンを超越して愛用できるデザイン。「○○っぽいね」といわれる際の「○○」のほう。

次に、実用性の高さです。高級時計には、弩級のコンプリケーションもありますが、仕事でも遊びでも程良く日常使いができるもの。防水性能を持つタフな作りで、使いやすい。そんな要素を持つ時計がマスターピースと呼べるのではないでしょうか。

藤井 実用的だからこそ、ブランドの人気を牽引しているんですね。

安藤 最後は、ストーリーがあるという点。長く続くメーカーが存在する一方で新興勢力も多い。そうしたなかにもマスターピースは存在していて、新旧のそれらに共通するのは、モデルの存在意義を確かにするストーリーがあるということです。

藤井 やはり高級なものですから、そこに共感できるか否かが鍵になりそうですね。さて、今回取り上げている時計は、根本は変えずに細部を変更して新作としています。

[Keyword 1] 最新ムーブメント 

JAEGER-LECOULTRE ジャガー・ルクルト/マスター・コントロール・デイト
ケース厚8.78mmで着け心地も良好。SSケース、40mm径、自動巻き。72万4000円/ジャガー・ルクルト 0120-79-1833

“普段使い”という方向性を明確化
JAEGER-LECOULTRE
ジャガー・ルクルト/マスター・コントロール・デイト

業界でも一目置かれるマニュファクチュールによる薄型ラウンドの定番「マスター・コントロール・デイト」。スペックをいっそう実用的にすべく自社ムーブメントが進化。

そのハイライトは、現代の時計には不可欠な耐磁性能を高めるシリコン製脱進機の搭載と、70時間というパワーリザーブの延長だ。さらにブラウンのカーフストラップを採用し、より現代的な顔立ちに。「デイリーに使える時計」という立ち位置を明確化させた。

安藤 こうした傾向は、実は、今年が特別というわけでもないんです。2008年のリーマンショック以降からでしょうか。

藤井 好景気からの反動?

安藤 はい。それまで冒頭にも触れたような超高級モデルは、どこかにぶっとんだところがありさえすれば売れていたんです。ところがそれ以降は、お金を持っている人でも時計への出費が減少して、不変的なものを求める傾向に。そこでブランドは自らの歴史を遡り、マスターピースの再構築を始めたんです。

藤井 彼らも大きな財産であると認識したんですね。

安藤 今ある資産をどう育てるかにシフトした結果でしょう。

NEXT PAGE /

[Keyword 2]素材使い

CHANEL シャネル/J12 パラドックス
高耐性セラミックス×SSケース、38mm径、自動巻き。86万5000円/シャネル 0120-525-519

白と黒の魅力をパラドキシカルに表現
CHANEL
シャネル/J12 パラドックス

昨年、モデルチェンジを果たしたフルセラミックスウォッチの筆頭「J12」。長い歴史を持つ名門が連なる時計業界のなかで、新興勢力ながら独自の地位を築き上げた意欲作といえる。誕生20周年となる今年、メゾンを代表する白と黒、その両方をいただくバイカラーモデルが登場。ただでさえ成形の難しいセラミックスを、高いカット技術を用いて組み合わせたケースは、デザインの魅力はもちろん、技術的な価値も非常に高い。

藤井 確かに、多くのブランドに当てはまりますね。早速各論に入りますが、まずは新ムーブメントの採用。特に昨今は自社製が搭載されているケースが多いです。そもそも安藤さんが思う自社製のメリットとは何ですか?

安藤 僕がメリットと感じている点は、機能面はもちろん、デザイン面でもブランドの哲学に則った時計が作れるということですね。たとえば汎用ムーブメントは、インダイヤルや針の位置までは変えられない。でも自社製ならそれぞれの美意識に沿ったレイアウトを目指して、機械をミクロの単位で調整できる。ブランドのアイデンティティをダイヤルデザインに色濃く反映できるんです。

藤井 なるほど! ロングパワーリザーブ化や機構の進化など、スペックの進歩はわかりやすいですが、そういった側面も自社製のメリットなんですね。さて、次の視点は素材の進化。

安藤 セラミックスはシャネルの「J12」を筆頭に確実に存在感を高めていますね。パネライは、ラジオミール夜光に敬意を表した新素材を作りましたが、未来の定番になってもおかしくない挑戦です。

NEXT PAGE /

[Keyword 3]サイズダウン

AUDEMARS PIGUET オーデマ ピゲ/ロイヤル オーク オートマティック
SSケース、34mm幅、自動巻き。190万円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000)

ドレス×スポーツの大傑作がひと回り小ぶりな34mmサイズに
AUDEMARS PIGUET
オーデマ ピゲ/ロイヤル オーク オートマティック

1972年に登場以来、人気が高止まりしているラグジュアリースポーツウォッチの雄「ロイヤル オーク」。当時のオリジナルサイズより5mmサイズダウンした最新モデルは、時計界の小型化傾向を象徴するような注目作だ。八角形ベゼルとタペストリー模様のダイヤル、アプライドアワーマーカーのバランスはクラシカルで、現代のサイズ感に見慣れた我々にとっても新鮮。小型化しても精度の落ちない製造技術の確立など技術的進化の背景も見て取れる。

藤井 あとは小型化も顕著ですね。

安藤 個人的に言えば、今までが大きすぎたんです(笑)。’90年代後半のデカ厚ブームがようやく沈静化してきていると思います。

藤井 腕が細い傾向にある日本人にはうれしいところですね。

安藤 デカ厚潮流に流されて、小さなムーブメントに大きなボディを与えたモデルが出るなどのアンバランスな面もあったので、適正な方向に戻りそう。

藤井 仕上げによって変化を与えているものも多いですよね?

安藤 それは大型化した際の好影響だと思っています。大きいだけに外装の“アラ”が目立つので、各社仕上げの精度を高めていったんです。技術革新を経た今、小型モデルにも高い技術が注がれ、過去のモデルよりも数段美しさに磨きがかかっています。

藤井 面白い! デカ厚ブームが技術の向上を促したんですね。

[Keyword 3]仕上げの変更

BREGUET ブレゲ/クラシック 7337
K18WGケース、39mm径、自動巻き。466万円/ブレゲ(ブレゲ ブティック銀座 03-6254-7211)

繊細で高度な技の共演が腕元で堪能できる
BREGUET
ブレゲ/クラシック 7337

古くから修理や改造を重ねて使用されている手彫りの機械によって刻まれるダイヤルのギョーシェは、判読性と美観を格段に向上させるブレゲの御家芸。本作では市松模様のダミエ、麦粒のようなグレンドルジュ、そして鋲型のクル・ド・パリなどの装飾が施されたダイヤルをブルーに彩り、美しさに拍車を掛ける。一方でムーンフェイズの月の仕上げもモダンに変更し、調和の取れたオリジナルのスタイルを体現。

安藤 こうした微差の変化は、未来のヴィンテージを生むことにもなります。デニムと同様で、時計ツウは各年代の微差を大きな価値として捉えているわけです。大きく見た目が変わらないマスターピースであることにも意味があって、変わり種すぎる時計では、そもそも変化すら気付かれない可能性があります。

藤井 イバれないですね(笑)。今後もこの傾向は続きそうですから、好みのディテール変化をチェックするのが良さそうです。

 

※本文中における素材の略称:SS=ステンレススチール、K18=18金、WG=ホワイトゴールド

MACHIO、川田有二、鈴木泰之=写真 菊池陽之介、松平浩市=スタイリング 柴田 充、髙村将司、増山直樹=文 たむら 亘=イラスト

# IWC# オーデマ ピゲ# ジャガー・ルクルト# ブレゲ# 新作# 腕時計
更に読み込む