2020.07.20
WATCH

ロレックス、ブランパン、パネライ。ダイバーズ時計に金字塔を打ち立てた名機たち

「丘ダイバーのためのダイバーズウォッチ」とは……

ダイバーズウォッチの歴史の端緒は防水時計にある。懐中時計から腕時計になったことで、雨や湿気を防ぐ防水機能は必須となった。

1926年にはロレックスが完全防水のオイスターケースを発表し、各社が開発に凌ぎを削る。やがてミリタリーの分野で技術はさらなる進化へ。

だがそれ以上にダイバーズウォッチが時計の1ジャンルとして確立したのは戦後のダイビングブームによってだ。

海の世界への好奇心が技術を育み、スポーティなライフスタイルの象徴となったダイバーズウォッチの歴史を作った3本を紹介しよう。

 

ダイバーズに必須の視認性をもたらした超大型ケース

SSケース、自動巻き、42mm径、100m防水。96万8000円/パネライ(オフィチーネ パネライ 0120-18-7110)

パネライ/ラジオミール

皮肉にも戦禍においてあらゆる工業技術は格段に進化を遂げた。ダイバーズウォッチも例外ではなく、こうして誕生し、ブランドのアイコンになったのがパネライのラジオミールだ。

イタリア海軍に精密機器を納入してきたパネライは、1916年にラジオミールと名付けた独自の夜光塗料を開発し特許を取得した。これを1936年にイタリア海軍の潜水特殊部隊工作員用に試作したモデルに応用。インデックスと針に用いることで、暗い海中でも絶大な視認性をもたらした。

この水中コンパスとも見紛うような当時47mmという大型のクッションケースに、防水性と堅牢性を備えたブランド初のダイバーズは2年後に正式納入され、ラジオミールと名付けられたのだ。

やがてパネライがリシュモングループ傘下として新たなスタートを切った1997年に限定復刻。

以降もラジオミールはヒストリカルコレクションとして、ブランドの歩みとともにダイバーズの歴史に残した功績を現代に伝えている。

NEXT PAGE /

仏、米、独、西軍に採用された近代ダイバーズの金字塔

SSケース、自動巻き、45mm径、300m防水。143万円/ブランパン(ブランパン ブティック銀座 03-6254-7233)

ブランパン/フィフティ ファゾムス

回転ベゼルは潜水中の経過時間をひと目で確認できる、ダイバーズウォッチにとって欠かせない機構だ。1953年にこれを実用化したブランパン初のダイバーズがフィフティ ファゾムスである。

ダイバーでもあった当時のブランドCEOは、潜水中に時間を誤り、水難事故になりかかった自身の経験も踏まえ、開発に着手。ちょうどその頃、新たなダイバーズを検討していたフランス海軍がこれに加わり、共同開発でプロトタイプが完成した。

ロック付きの回転ベゼルに加え、リュウズは水没を防ぐ二重パッキンを採用するなど実際のダイビングで有効な多くの実用機構が盛り込まれた。

またモデル名のフィフティ ファゾムスは300フィート(約91.5m)を意味し、当時最深の防水性能を誇ったのだ。

発表後フランス海軍だけでなく、アメリカ、ドイツ、スペインなど各国が採用。近代ダイバーの金字塔となり、独自の機構もダイバーズウォッチの基本要件として現代に受け継がれている。

NEXT PAGE /

約70年間トップを走り続けるひとつの完成形

SSケース、自動巻き、40mm径、300m防水。

ロレックス/サブマリーナー

未知の世界に挑むチャレンジ精神は、ロレックスの技術革新の原動力であり、DNAにほかならない。1953年にはエクスプローラーⅠとサブマリーナーという2本の名作スポーツウォッチを発表し、陸と海における人類の冒険心をかきたてた。

特にダイバーズウォッチにおいては、オイスターケースの発明ですでに防水技術を確保しており、同時に登場した回転ベゼルを搭載する初代ターノグラフがその原型になったともいわれる。

以降、当初の100mから段階的に防水性を高めるとともに、リュウズガードやサクロプスレンズ付きデイト表示など実用性を増す。1971年には飽和潜水に対応する画期的なヘリウム・エスケープバルブを開発し、これを搭載した610m防水のシードゥエラーが登場。さらに2008年には3900m防水を誇るディープシーが加わった。

これまで70年近い時をかけて改良を重ね、多くのダイバーたちが信頼をよせる機能は完成の域ともいえるだろう。それでもなお留まることなく、愚直に変わらぬ外観にも風格が漂う。まさにこれを熟成進化と呼ぶ。

 

「丘ダイバーのためのダイバーズウォッチ」とは……
ダイバーでなくとも、ダイバーズウォッチは好きでいい。だって、問答無用に格好いいのだから。しかし、知識までも“丘ダイバー”にならないよう、知るべきことは知っておこう。ダイバーズウォッチの深〜い世界に、潜水開始。上に戻る

柴田 充=文

※本文中における素材の略称は以下のとおり。SS=ステンレススチール

# ダイバーズウォッチ# 名作# 腕時計
更に読み込む