Watchの群像劇 Vol.20
2020.07.10
WATCH

ブランドごとに異なる「月の表情」。厳選ムーンフェイズウォッチ6本

日本人は古来より月を愛でてきた。満ち欠け、季節、天候ごとに様々な名をつけ、その豊富さは世界でも類を見ないほどだ。

さてここに紹介するのは、厳選した6ブランドによるムーンフェイズウォッチだ。この六者六様な「月の表情」をじっくりとご堪能あれ。

 

月の満ち欠けとともに宇宙の時間に思いを馳せる

HERMÈS エルメス/アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ
K18WGケース、43mm径、自動巻き。価格未定[今秋発売予定]/エルメス(エルメスジャポン 03-3569-3300) ©︎Claude Joray

HERMÈS
エルメス/アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ

ケース内には時分表示用とカレンダー表示用の2つのスモールダイヤルが相対し、それぞれがダイヤルの中心を軸に、天体の如く回転する。これが約59日で1回転することで、北半球と南半球の月に重なり、月齢を示すのだ。

青い月光に照らされた夜空を思わせるブルーパールダイヤルに、MOPを用いた月はあえて北と南の上下の位置を入れ替え、南半球の月(12時位置)には代表的なスカーフのモチーフであるペガサスを転写するのもメゾンらしいエスプリだ。

 

超高精度ムーンフェイズは美しさと使いやすさも格別

A. LANGE & SÖHNE A.ランゲ&ゾーネ/グランド・ランゲ1・ムーンフェイズ
K18PGケース、41mm径、手巻き。516万円/A.ランゲ&ゾーネ 03-4461-8080

A. LANGE & SÖHNE
A.ランゲ&ゾーネ/グランド・ランゲ1・ムーンフェイズ

1994年の復興以降、数々のムーンフェイズ時計を手掛け、ブランドを代表する機構のひとつになっている。「グランド・ランゲ1・ムーンフェイズ」はムーンディスクを時分を表示するメインダイヤルに配し、独自のアシンメトリースタイルにさらなる磨きをかけた。

しかも122.6年間で僅か1日分の誤差という高精度に加え、ケースサイドにあるプッシャーで修正も容易。レーザーで描いた、ブルーに浮かぶ大小300個以上の精緻な星も美しい。

NEXT PAGE /

愛嬌ある月の表情に伝統ある機械式の復権を託して

BLANCPAIN ブランパン/ヴィルレ コンプリートカレンダー
SSケース、37.6mm径、自動巻き。120万円/ブランパン(ブランパン ブティック銀座 03-6254-7233)

BLANCPAIN
ブランパン/ヴィルレ コンプリートカレンダー

台頭するクオーツ時計に対し、ブランパンは機械式時計の復権を目指し、1983年にその旗頭として1本のコンプリケーションウォッチを発表。それがムーンフェイズ搭載トリプルカレンダーモデルだ。

その記念碑的な腕時計を源流に持つ本作は、12時位置の左右の小窓で曜日と月を表示し、ポインターデイトとスモールセコンドを備える。さらに6時位置には控えめなムーンフェイズを配置。月に描かれた表情は愛嬌があり、人気が高い。

 

試練を乗り越えたムーンウォッチだからこそ相応しい

OMEGA オメガ/スピードマスター ブルー サイド オブ ザ ムーン ムーンフェイズ マスター クロノメーター アベンチュリン
セラミックスケース、44.25mm径、自動巻き。147万円/オメガ 03-5952-4400

OMEGA
オメガ/スピードマスター ブルー サイド オブ ザ ムーン ムーンフェイズ マスター クロノメーター アベンチュリン

今から50年前、人類3度目の月面着陸を目指したアポロ13号は、予期せぬ事故により、3人の乗組員を地球に無事帰還させることが最大のミッションとなった。彼らが携行していた「スピードマスター」の正確な計時は、その危機を脱するのに大きく貢献し、まさにムーンウォッチの真価を発揮したのだった。

そんなコレクションにムーンフェイズの搭載は言うまでもなく最適で、こちらは宇宙空間を模したアベンチュリンダイヤルに、リアルな月面をデザインしたムーンディスクを採用する。

NEXT PAGE /

ホワイトセラミックスに浮かぶユニークなムーンダイヤル

CHANEL シャネル/J12 ファーズ ドゥ リュヌ
高耐性セラミックス×SSケース、38mm径、自動巻き。80万円/シャネル 0120-525-519

CHANEL
シャネル/J12 ファーズ ドゥ リュヌ

セラミックス特有の艶やかな白は、どこか煌々とした月の輝きを思わせる。「J12」はそんなロマンティシズムをかき立てる。

6時位置には深いブルーのアベンチュリン製サブダイヤルを備え、カーブを描いた針が月齢に応じて4つの月相を指す。さらにポインターデイトは針先に三日月を象り、エレガントな世界観を統一するのだ。

高い耐傷性とともに、美しさを損なうことのないこのセラミックスウォッチは、まさに不変の美を体現する月のようだ。

 

美と精緻を極めたジャパンメイドのムーンフェイズ

TASAKI タサキ/オデッサ  トゥールビヨン
K18サクラゴールドケース、43mm径、手巻き。2700万円[受注生産]/タサキ 0120-111-446

TASAKI
タサキ/オデッサ  トゥールビヨン

漆黒のダイヤルの天頂に、ホワイトゴールドを象嵌したあこや真珠の回転で月の満ち欠けを表示する立体ムーンフェイズを備える。その周辺には大小のダイヤモンドをちりばめて惑星や星を表現するとともに、鎮座する大型トゥールビヨンのブリッジは衛星の軌道を表し、時分針はロケットを彷彿させるなど腕元に宇宙を再現する。

国内屈指のハイジュエラーと、日本が世界に誇る独立時計師の浅岡肇による超絶コラボだ。

 

※本文中における素材の略称:SS=ステンレススチール、K18=18金、PG=ピンクゴールド、WG=ホワイトゴールド

柴田 充=文

# A.ランゲ&ゾーネ# エルメス# オメガ# ブランパン# Watchの群像劇# ムーンフェイズ# 腕時計
更に読み込む
一覧を見る