豊作、復刻時計 Vol.1
2020.05.25
WATCH

「散財王に俺はなる」が口癖の時計編集者が今“復刻モノが欲しい”と思うワケ

「豊作、復刻時計」とは……

「復刻時計隆盛の時代が訪れようとしている」。

そう語るのは、オーシャンズでも度々登場している「時計界の散財王に、俺はなる」が口癖の編集者、安藤夏樹さん。

[筆者紹介]
エディター 安藤夏樹さん
1975年、愛知県生まれ。ラグジュアリー雑誌の編集を務めたのち、現在はフリーの編集、ライターとして活躍。時計だけでなく木彫り熊収集家など、幅広い見識と強い探究心を持つ。

それはいったいどういうことなのか?

今回は彼に、今大豊作な復刻時計の魅力を教えてもらった。

--------

長きにわたり古時計を蒐集し、現在は毎年発表される最新腕時計をチェックすることが仕事となっている僕にとって、復刻時計というのは、正直あまり食指の動かない存在だった。

理由は非常に簡単で、オリジナルを知る身としては心揺さぶられるものがほとんどなかったからである。

 

デニムやスニーカーの復刻版は愛せるのに、復刻時計はなぜか愛することができなかった

レプリカジーンズも、レプリカスニーカーも、細かな仕上げやシルエットを見ると、オリジナルとは異なる点が多い。しかし、ジーンズにおける色落ちや、スニーカーにおける履き心地など、重要なポイントをクリアしているプロダクトに関しては、オリジナルとは別物として十分に存在意義を感じる。

現代的なシルエットになって、気兼ねなくガンガンはけるレプリカを選ぶことは、骨董化し、常に気を使いながら接しなければならないヴィンテージのデニムやスニーカーをびくびく使うことより、むしろかっこいいと思う。

ところが、こと腕時計となるとそうもいかなかった。

「かつての復刻時計は、明らかに目先の売り上げを作るためだけの商品であることが多かった」。

理由のひとつは、復刻時計にブランドの熱量を感じなかったからかもしれない。

ブランドを代表する歴史的モデルの名前と形を借り、数量限定で発売すれば確実に売れる。その事実にあぐらをかき、ほかの新作ほど力を入れずに作られる傾向があったように思うのだ。

こうした復刻時計では、新たにムーブメントを開発することはなく、既存のものをそのまま利用するのが常であった。もちろん、オリジナルモデルと同じムーブメントはすでに存在しないから、「近しいもの」を選ぶことになる。それ故、厚さやクロノグラフの位置が、使うムーブメントの事情によって制限され微妙にバランスが崩れる。

結果、オリジナルとは似て非なる残念な時計が世に生み出された。「どこに目をつけてらっしゃる」と言いたくなるようなクロノグラフを、これまでに何度見てきたことか。

もうひとつ加えると、デザイナーの過度に強い自我も、ときに残念な復刻版の理由となりうる。復刻モデルなのにも関わらず、同じものは作りたくないという思いが前面に出過ぎると、結果として中途半端なものができあがる。変えることが目的となってしまった時計に、ユーザーのニーズは存在しない。変えるにしても、絶妙な塩加減が求められるのだ。

こうして生まれた “劣化版” (あえて言っちゃう!)の復刻時計は、一時的には話題を呼んでも歴史には残らない。結局は、「やっぱりオリジナルがいいよね」と、原点モデルの偉大さをより鮮明にするだけの存在となってしまうのである。

NEXT PAGE /

マニアも唸る復刻時計の登場

ところがである。

近年、この状況に大きな変化が出始めている。オリジナルと同様、またはそれ以上の魅力を持つ復刻モデルが登場し始めたのだ。

そのことを世に大きく知らしめた出来事のひとつが、2017年に発表されたオメガの「オメガ 1957 トリロジー」の発表だろう。これは、1957年にオメガが発表した3つのマスターシリーズ「スピードマスター」「シーマスター300」「レイルマスター」の60周年を記念して発表された復刻時計だ。

以前オーシャンズでも紹介した「“オメガ 1957 トリロジー”レイルマスター マスター クロノメーター 60周年リミテッド エディション」。

この復刻版がかつての一般的な復刻時計と大きく異なる点は、デジタルスキャナなどの最新技術を用いることで、オリジナルそのままの形を再現している点にある。「オリジナルが欲しいけどプレミアがつきすぎて手が出ない」「状態が良いヴィンテージが見つからない」といった時計好きたちが、十分に納得できるだけの雰囲気を手に入れている。

しかも、魅力はそれだけに止まらない。見た目はオリジナルと同じなのに、中身のムーブメントや、ケース磨きなどの細かな仕上げは、オリジナルを超えるスペックであるということだ。これにより、単に昔と同じものを作るだけでなく、現代の高級時計に求められる価値観に合った復刻時計が誕生した。

現在、多くのブランドが、こうした気合いの入った復刻時計の生産に乗り出している。それは高級時計の世界に限ったことではない。例えば近年「大人ができるデジタル時計」として人気を呼んだセイコーの「ジウジアーロ」シリーズの復刻などはまさにその好例と言っていい。

こちらは、以前に安藤さんが紹介してくれたジウジアーロデザインの腕時計たち。復刻時計としての“名作”も、数多く生み出している。

車をはじめとするプロダクトデザインの巨匠、ジョルジョット・ジウジアーロが1980年代にデザインしたその美しいデジタル時計は、ケースデザインもさることながら、余白を生かした絶妙な液晶表示がなんと言ってもキモだった。

ただ、機械式とは異なり、デジタル時計は単価が安い割にメーカー側の初期投資は小さくない。そのため、復刻するとなるとある程度のロット数をこなす必要が出てくる。だから、完全なる復刻版は難しいだろうと、コレクターの間では囁かれていた。

こちらも以前安藤さんが紹介してくれた、セイコーのドライバーズウォッチをビームス別注で2018年に復刻された時計。当時のデザインをゴールドで見事にアップデートした名作だという。

それをセイコーはやってのけたのである。しかも3万円代という低価格帯で。かつて「ジウジアーロ」シリーズをすべて集めた経験のあるぼくが実際に購入し、コレクションに入れていることでその実力を理解いただけるのではないかと思う。

NEXT PAGE /

なぜ復刻版のレベルが上がったのか

多くのブランドが復刻に力を入れるようになった背景には、いくつかの理由があると思っている。

そのひとつが、高級複雑時計ブームの鈍化。中国の高成長などもあり世界的に景気の勢いがあった2000年代には、高級複雑時計が飛ぶように売れた。複雑な機構を搭載した大きくて厚い時計が人気を博し、腕時計に新たな価値観が求められるようになったのである。

ところが、その勢いは永遠ではなかった。

2010年代に入ると新しいものを生み出してもかつてほど売れなくなり、徐々に新規開発コストが重荷になっていく。そこでブランドが目をつけたのが、歴史的にその価値を認められているレジェンドモデルの復刻である。

しかも、デカ厚高級時計の製造で培った仕上げの技術や、付加価値の高いムーブメントを使えば、これまで以上にレベルの高い復刻時計を作れることに、ブランドは気付いたのだ。

もうひとつ、「周年」というキーワードも見逃せない。今からちょうど50〜60年前にあたる1960年〜1970年代というのは、腕時計の歴史的名品が続々と誕生した時代でもある。

その周年を記念して、多くのブランドが本気の復刻を企画している。自らの輝かしい歴史に泥を塗るわけにはいかないから、当然、その物づくりには妥協がない。

 

こうしたいくつもの事情の結果として、まさに今、復刻時計隆盛の時代が訪れようとしているのだ。

「豊作、復刻時計」とは……
2020年は、さまざまなブランドから復刻時計が大豊作。我々が生まれる前に作られたヘリテージモデルから、懐かしい’90年代のあのモデルまで、見た目も気分も昔に巻き戻してくれそうな良質復刻時計をご紹介。上に戻る

安藤夏樹=文

# 安藤夏樹# 復刻時計
更に読み込む