時器放談 Vol.13
2019.12.28
WATCH

時計の歴史を変えたブルガリ「オクト フィニッシモ」は超コスパ時計である

時器放談●マスターピースとされる名作時計の数々。そこから6本を厳選し、そのスゴさを腕時計界の2人の論客、広田雅将と安藤夏樹が言いたい放題、言葉で分解する。「ラグジュアリーブランド編」となる今回の3本目は、ブルガリの「オクト フィニッシモ」。

安藤 思い起こせば、あれ、いつでしたっけ? 一緒にローマまで行きましたよね。「ブルガリ オクト」の発表会。

広田 行きました、行きました。ワールドプレミアですよね。2012年だったと思います。

安藤夏樹(写真左)●1975年、愛知県生まれ。ラグジュアリーマガジンの編集長を経て、現在はフリーに。「SIHH」や「バーゼルワールド」を毎年取材し、常に自分の買うべき時計を探す。口癖は「散財王に俺はなる!」。

安藤 2012年かぁ、お互いあの頃はまだまだフレッシュでしたよね(笑)。ブルガリが満を持して新作のメンズウォッチを出す、ということで、かなり気合が入った発表会でした。日本からも何人かのジャーナリストに声がかかって、まずはスイスの工房を取材して。

広田 その後、40度を超える灼熱のローマへ(笑)。

広田雅将●1974年、大阪府生まれ。腕時計専門誌「クロノス」編集長。腕時計ブランドや専門店で講演会なども行う業界のご意見番である。その知識の豊富さから、付いたあだ名は「ハカセ」。

安藤 ローマで大々的にドカーンと発表するから、それまでいっさい秘密、とか言われてたのに、スイスの工房に行ったら、そこで働いているおじさんが、もうオクトしてたんですよね(笑)。「これが発表されるんだ!」ってみんなわかっちゃったけど、見てないふりして(笑)。ブルガリに関して言うと、「オクト」発表前と発表後で、かなり空気が変わりましたよね。

広田 はい。がらりと。

ブルガリにおける時計のイメージを一変させた初代「オクト」。ジェラルド・ジェンタの八角形デザインを踏襲しつつ、新たな魅力を備えている。

 

安藤 男性がビジネスでブルガリをするというのが普通のことになった。ひとつの新作でこれほどまで空気が変わるのを目の当たりにしたのは、前にも後にもオクトしかないかもしれません。

広田 オクト発表以前に、ブルガリはジェラルド・ジェンタの時計ブランドを買収し、垂直統合しています。オクトの八角形はジェンタを象徴するモチーフです。

安藤 ジェンタといえば、名作と呼ばれている時計を数多くデザインしている伝説的な時計デザイナーですよね。パテック フィリップの「ノーチラス」とか、オーデマ・ピゲの「ロイヤル オーク」とかも彼のデザイン。本人はすでに亡くなってしまったけれど、ジェラルド・ジェンタの名を冠した時計が今年ブルガリから発表されました。オクトはジェンタ自身のデザインではないんですが、その精神がしっかり生きている気がします。

広田 110の面で構成された複雑なケースは見事。

NEXT PAGE /

最薄の記録保持者「オクト フィニッシモ」

ラグジュアリーブランドのスゴい時計【3】
ブルガリ「オクト フィニッシモ オートマティック」

ブルガリ「オクト フィニッシモ オートマティック」
ケース厚わずか6.85mmの薄型自動巻きモデル。マットな表情も男好み。「オクト フィニッシモ オートマティック」。チタンケース、40mm径、自動巻き。152万2000円/ブルガリ(ブルガリ ジャパン 03-6362-0100)

安藤 で、初代オクトも十分素晴らしかったんですが、超薄型の「オクト フィニッシモ」が出てきたときの衝撃ってのが、さらにすごかった。僕なんかは正直ちびりましたね。

広田 めちゃくちゃすごい!って、僕も思った。

安藤 腕時計のデカ厚ブームが終焉を迎え、時計専業ブランドが世界最薄競争を始めたとき、時計専業じゃないブルガリが、突然そのトップ争いの中心に躍り出るという……。

広田 薄い時計はそれだけでも使いやすいんですが、オクト フィニッシモは薄さ以上の着け心地を追求してるんですよね。たとえば、このバックルちゃん。装着時、ブレスレットとバックルが完全にフラットになるから、着けていてストレスがないんです。

安藤 バックルの裏も表もブレスレットからのバックルの出っ張りが見事にないですもんね。

広田 そう。多くのブランドがブレスレットを専門メーカーに外注するなか、ブルガリって基本的に、ケースもブレスレットも自社製なんですよ。だから、こういうほかにない設計ができちゃうんです。完全に納得できるところまでやり切って、イエーイっていう仕上がりを得た。すごくアリな時計。

安藤 モダンなデザインも魅力ですよね。薄型時計って割と普通のデザインのが多いから。オールチタンで、グレーと黒のツートーンカラーってのがまた良い。で、ここから快進撃が始まる。2014年に手巻きトゥールビヨン、2016年にミニッツリピーター、2017年に三針自動巻き、2018年に自動巻きトゥールビヨンで、当時の最薄ワールドレコードを樹立していきました。

広田 ブルガリの薄型時計の技術って付け焼き刃じゃなくって、ちゃんとした技術の裏付けがあるんです。ブルガリはジェラルド・ジェンタと有名時計師ダニエル・ロートが共同で作った工場を買収して自社統合してるんです。この工場、もともとミニッツリピーターとかグランソヌリといった超複雑時計の製造が得意だったんですよ。こういう時計は部品点数が1200個とかになるから、必然的にそれを薄く組み上げる設計と技術が必要になる。そうしたノウハウが蓄積されていたんですよね。

安藤 いきなり出てきてワールドレコードをバンバン出してると思われがちだけど、実はそこには理由があるんだぞ、と。

NEXT PAGE /

自動巻きクロノの50周年を祝う最高傑作

2019年に登場したクロノ・モデル。「オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT オートマティック」/ブルガリ
2019年に登場したクロノ・モデル。「オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT オートマティック」。チタンケース、42mm径、自動巻き。188万5100円/ブルガリ(ブルガリ ジャパン 03-6362-0100)

 

広田 そして、2019年に発表された「オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT オートマティック」はもう最高! 今年は自動巻きクロノグラフがこの世に誕生して50周年になりますが、それを祝う時計としてはこれがいちばん、とさえ思います。それくらい出来の良いクロノグラフです。

安藤 これも自動巻きクロノグラフの世界最薄レコードですよね。ケース厚はわずか6.9㎜しかない。デザイン面でもプッシュボタンがもともとのオクトのデザインの世界観にしっかりと収まっていて、まったく違和感がないです。

広田 デザイナーのファブリツィオ・ボナマッサ・スティリアーニは、もともとフィアットとかのデザインをしていた人なんです。ガンダムの絵とか描かせると超うまい(笑)。

安藤 なるほど、インダストリアルデザインの人なんだ。わかる気がする。

ボタンの押しやすさなど、手への収まりも抜群にいい。

広田 この時計はGMT機能も良いですよ。9時位置のプッシュボタンをペコペコっと押すと、時針が動かせるのでかなり便利。

安藤 時針だけを単独で調整できるのは、海外出張のときとかに重宝しますよね。普通の時計だと分針まで再調整しないといけないから、時針の修正している間に何分だったか忘れちゃう(笑)。これだけの完成度で200万円を切ってるのはかなりリーズナブルなんじゃないでしょうか。

広田 僕もそう思います。

安藤 ラグジュアリーブランドの時計って、実はコスパ高いのが多いですよね。「自分たち、専業じゃないんで」って顔して、戦略的な値段にしちゃっているところがある気がします。だから純粋に質だけを追求して選ぶなら、モデルによっては実は狙い目なんじゃないかと。それでいて感度はいいから、流行もしっかり押さえてるし。

広田 薄型が人気になりそうだとなると、そこに一気に資本投下が行われる。

安藤 そうそう。振り返ってみると、ブルガリは1970年代には、当時の最先端にして高級品でもあったデジタル時計を発表したりもしている。つまりは、流行に対する攻めの姿勢もずっと一貫してます。

広田 もともとブルガリって超ハイジュエラーで、超すごい顧客しかいなかったから、時計に関しては間口を広げるために楽しく自由に作る、みたいなところがあったんだと思います。新しいものへの挑戦マインドは強いのは当然といえば当然。

安藤 じゃあそろそろ、ブルガリの時計についてのまとめをお願いします。

広田 繰り返しになっちゃうけど、今のブルガリの時計は突然生まれたわけじゃなくって、技術的にも、精神的にも、ちゃんとした歴史の裏付けがあるということでしょうか。そして、このオクト フィニッシモ クロノグラフ GMT オートマティックに関しては、実用性も高くてすっごく良い、ということだと思います。

 

[問い合わせ]
ブルガリ ジャパン
03-6362-0100

関 竜太=写真 いなもあきこ=文

# ブルガリ# オクト フィニッシモ# 時計
更に読み込む