https://oceans.tokyo.jp/snap/201802-p77-02/

ワントーンでも奥行きのあるスタイル。秘密は素材感と足元!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ピッグ&ルースター」ディレクター
栗田裕一さん(40歳)

自身のブランドのデザインソースにするなど、古着好きで知られる栗田さんだが、そのスタイルは常にアップデートされている。ボアジャケットを軸にしたワントーンスタイルも「ボアまで同系色のジャケットだからコーディネイトしやすくて、全身黒でも素材感で奥行きが出るんです」。足元に映える白いスニーカーも気になるところ。「ハイテク系が最近好きで、今日のようにアクセントとして取り入れることが多いです」。

ニット、パンツ/ともにピッグ&ルースター
靴/ナイキ
アイウェア/ザ・ロウ × オリバーピープルズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
知っておきたい! “年相応”のスニーカースタイルが作れる7つのレシピ
2018.01.13
ナイキを救った日本企業。「日商岩井」の勇気
2017.12.13
“ついつい”履いてしまう。そんなワケありなスニーカーがありまして。
2017.11.24
革靴にまだ主役の座は渡さない。注目の新作スニーカーが冬も熱い!
2017.11.20
スラックスはあえてのくるぶし丈。統一感のある色使いにセンスが光る
2018.01.18
トレンドのコーデュロイでワンランク上の装いを。小物使いのチョイスも見事
2018.01.18
ニューヨークらしい、好印象な親子のコントラスト
2018.01.17
スポーティなカーキでつくる”大人の余裕”。サイズ感がポイントに
2018.01.17
機能性に溢れたモッズコートはオンもオフもキマる。
2018.01.12