インドアライフ充実術 Vol.8
2020.04.26
LIFE STYLE

STAY HOMEでドキドキワクワク。平山祐介が選んだ、3人の男の物語

「インドアライフ充実術」とは…

外出せず、人にも会わず、STAY HOME。そんなときは映画や本で非日常の世界へGO!

ということで前回に引き続き、俳優・平山祐介さんのオススメの映画・本の中から、今回はドキドキ&ワクワクが止まらない作品を紹介しよう。

STAY HOMEでドキドキワクワク。平山祐介が選んだ、3人の男の物語

男のロマンが詰まったカーアクション映画

男なら誰でも憧れるスポーツカー。そのカーチェイスとなれば否が応でもアドレナリンが放出する。

『トランスポーター』では1作目でBMW、2作目と3作目はアウディが登場し、カーチェイスを繰り広げる。

「ハゲてても格好いい!」とユースケさんがいうのは、主人公を演じるイギリスの俳優、ジェイソン・ステイサム。アクションが迫力あるだけでなく、着ているジャケットを使ってみたりと、お洒落なんだとか。

美しくてお洒落なアクションにも注目!

平山祐介がオススメする、男のロマンが詰まったカーアクション映画

トランスポーター(2003)
製作・脚本|リュック・ベッソン 主演|ジェイソン・ステイサム、スー・チー。どんな依頼品も運ぶプロの「運び屋」と、依頼品である東洋人の女が追っ手との闘いを繰り広げるカーアクション映画。一気に大人気シリーズとなり、2006年に2作目、2009年に3作目が公開されている。4作目以降はジェイソン・ステイサムが降板、エド・スクレインに引き継がれた。

そして、こちらも男なら誰でも好きなのでは? ジャッキー・チェンの映画。

『キャノンボール』は、世界中から運転に自信のあるヤツらが集まって、ゴールにいちばん速く到着したら勝ちという単純なレースを繰り広げるのだが、1作目ではスバル、2作目では三菱のスタリオンが登場する。

カーレースも見どころだが、キレキレのジャッキーのアクションも見逃せない。

平山祐介がオススメする映画『キャノンボール』

キャノンボール(1981)
監督|ハル・ニーダム 出演|バート・レイノルズ、ジャッキー・チェン、サミー・デイヴィス・ジュニア。アメリカの東海岸から西海岸までの5000キロを、誰がいちばん早く横断できるかを競うカーレース。レーサーの資格は不要で車も普通の乗用車。パトカーの尋問を受ける者、ライバル車の空気をぬく者、それぞれが必死の策略と手段でゴールに向かうが、参加者は予想もつかない障害や難関に遭遇する。

作品に対するユースケさんのコメントは下のバナーから。

平山祐介の話が止まらなくなる映画

NEXT PAGE /

知らない世界にワクワクする一冊

ユースケさんがテレビ番組の『情熱大陸』で初めて知って興味を持ったというのは、西畠清順さん。

そこで、まもなく西畠さんの著書『プラントハンター  命を懸けて花を追う』を手に取ったのだそう。さまざまな植物や花を収集するため国内外を飛び回る男の命懸けの物語。

『プラントハンター  命を懸けて花を追う』
西畠清順・著/徳間書店
150年続く花と植木の卸問屋「花宇」の5代目として生まれ、21歳よりキャリアをスタートした西畠清順さん。さまざまな植物を収集する常識破りの「プラントハンター」として、時に命懸けで日本全国・世界各国を飛び回るノンフィクション。

平山祐介が知らない世界にワクワクする一冊

西畠さんは幕末から150年以上続く卸問屋『花宇』の5代目で、父親との確執やその後の成長、植物に対する接し方の変化などが本では描かれている。

ほかの世界について書かれた本を読むことで興味も広がり、ユースケさんの植物に対する見方も変わったという。花に限らず、ひいては生きていることをより強く意識し、生命を軽んじていないか今一度見つめ直してみようと思わされる話。

ユースケさんがこの本に惹かれた理由は下のバナーから詳しくどうぞ。

平山祐介の心に刺さった言葉とは?
次回は、ユースケさんが男惚れした男の映画と本をお届けします!

「インドアライフ充実術」
何かと外出が厳しい時季だけど、見方を変えればピンチもチャンス。屋内でアクティブな休日を楽しむ、インドアライフのジュージツジュツをデンジュ。
上に戻る
# 平山祐介# 映画# 読書
更に読み込む